永遠の課題を超えた奇跡

時が経つのも早いもので、もうかれこれ野球指導に携わらせて貰って数年が経ちました。

自分の指導法は簡単に言うとこういう意識でこう動く事が出来たら自然にこうなるよ。
という「自然になる」という指導であらゆる要望を可能にしてきました。

無理矢理させようとしても出来ませんからね。

野球の技術に関わる事のほとんどの案件は思いどうりにしてあげれる自信がありましたが、ただ一つだけ自分にもどうしようも出来ない事がありました。

それは自然に力を抜かせる事、自然に腕を脱力させる事です。

腕を脱力することは全てのプレーにマストな条件でバッテングで言うとそれが出来て初めてバットのヘッドが遅れてきて、それが鞭のようなしなりになり超インパクトが可能になります。

なので「俺がいくら何を言っても脱力出来ん奴はどーしょうもないぞ」と言ってきました。


今思えば自分の指導力のなさ、引き出しのなさを生徒のせいにして最低な指導者です。

どうしても力みが入ってしまう生徒の力みすら魔法のように取ってあげる、何なら力みが入った状態でもヘッドを遅らせてバッドを鞭の様に使えて超インパクトをさせてあげる、ところまで出来て初めて真の指導者だと思います。

ただそんな事が可能なのか?

結論から言うとつい先日それが可能になりました。

数年間野球の技術に特化した指導を日々追及し続けた結果、一つの考えにたどり着きました。

今思うとそれはここ数年自然に出来ていた事なんですが、それは何かというと。

普通は野球技術指導は野球のプレー動きだけを追求して指導すると思いがちですが、同じぐらい大事な事は持つべきイメージ、考え方、思考を教える事です。

これは生徒たちのレベルが上がってきたおかげでたどり着けた考えです。

今まで大げさではなく生徒達に1000個ぐらいの技術から思考まで様々な小さな課題を毎回毎回出して来ました。

超おおざっぱでいいなら10個程の課題を順番に一個ずつクリアしていけば技術は完成に近づくでしょうが、10個ぐらいまでおおざっぱだと課題をクリアできないケースも出てきます。

1000個ぐらいまでミニハードルにしてあげると簡単にクリア出来ます。

その積み上げが確かな技術、そして徐々に一流の思考回路になって行くんです。

自分の仕事は超難しい技術をいかに簡単に噛み砕いてあげれるかです。

その点は我ながら天才じゃないかなとたまに生徒の前で言って笑われますがハイ!と言ってくれます(*^^)

だって自分の言った通りにやりさえすれば簡単に凄い事が実際に自分自身できる様になるんですから。


話戻しますが、指導者、プレーヤーにとっての永遠の課題、力みを取り除くという課題をクリアできたのもある意味ラッキーというか最高の偶然も味方してくれました。

最近の練習で全校、ある思考の理論プラスマイナスの理論を駆使して、必要最小限打法に取り組んでいました。

必要最小限打法というのは簡単にいうとベストスイングをするという事です。

今野球をしている九分九厘がフルスイングという言葉の認識を間違えています。

九分九厘がやっているフルスイング、スイングは完全にオーバースイングです。

だから生徒達には本当のフルスイングの定義を教えてそれを可能にする思考理論を教えていました。

うちの生徒は優秀なので私が出したミニ課題は1週から2週で大体全校の生徒がクリアしてきます。

大体2週ぐらいで浸透してきたのでこのタイミングで一個前のブログで書いていたある形を作らせるという禁じての課題を出しました。

そして結果は月曜東校、火曜早良校、早良校夜間中学生以上の部、早良専属、木曜東校、の生徒ほとんどの生徒がプロ野球選手がそのまま子供になった様な変貌を遂げました。

後は来月の北九州伸び盛り軍団ですね。

バットがしなって来るわ、超インパクトになるわで過去最高のはまり方をしました。

課題の脱力も「自然に」できていましたしまだ脱力が甘い生徒でもバットのしなりインパクトの強さは格段に上がっていました。

あの課題からのこの課題だからこれだけ想像を超える度ハマりをしたんだと思います。

あの課題からのこの課題と言いうゴールデンラインを見つけてしまった瞬間でした。

多分このゴールデンラインの引き出しを持っているのは全国探しても自分だけだと思います。

誰もが出来る様に極限まで砕いて、さらに思考の部分が入り組んでいる、そしてこの課題と課題の奇跡のバトンタッチが生んだ偶然の産物です。

それを気づかせてくれたのも結局生徒なので、やはり生徒達には感謝ですね。

良くなったご褒美にミニ紅白戦したんですが両方のチーム全員がそれぞれ好打者となると乱打戦になって子供ながらに見ごたえありましたよ。

テンション上がって全校合同の紅白戦みたいなイベントしようかななんて思ったぐらいです。

この大変貌で生徒達は今シーズンは大変な事になりそうですがそれでもイチローさんが今だ成長を辞めないのと同じで、まだまだ自分も生徒達もこれに驕ることなくもっともっと深く更に上を目指して追及していきますよ。

一つ言っておくとしたら自分が目指してるのはプロ野球選手を育てるではなくまだかつてない選手を育てる事です。

だから自分の教えてる事はインターネット何かをいくらググっても出てこないですね絶対に。全てが完全オリジナルでその遥か先をを行っています。

プロの一流選手がこう言ってたからと言ってってそれやってってもそのプロには勝てないし全部の情報を真に受けたら駄目ですよ。

基本が出来てない状態でプロの感覚の話だけ聞いて真似しても意味ないですからね。

まあ自分がまさにそれだったので・・・

あと一つ言える事はプロは一番大事な感覚、思考、技術は言いませんよ!ましては公共の電波では。

それで飯食ってるわけですからね。

頭いい選手程わざと薄っぺらい事を言ってますよね。


まあそんな話はどうでもいいですが生徒たちが凄く良くなったのでテンション上がって珍しく連続でブログ書いてしまいました。

若干昔のビックマウスでイワせていた痛い自分が久々に垣間見えましたがまあ多めに見てください(*^^)v

ブログは自己満ですからね☆

ではまたいつか。

ヘッドを立てろの向こう側

お久しぶりです!

今日は気温0度と今年1番の寒さの中でラウンドして来ましたが手が霜焼けになりました‥

最近ゴルフしてて思うのは野球の自分みたいなコーチがゴルフバージョンで存在してワンショットワンショット的確なダメ出しして欲しいなーと思う今日この頃です。

ミスショットの原因がわからないのと反省するべき点の間違えと言うのが一番伸び悩みの原因ですからね!

うん、これは我ながら深い事言ったなー(^^)

生徒達は寒い中毎日頑張ってます!

悟塾の方針は超一流のベテラン選手になるまでオフシーズンという言葉はないよ!と言っています。

プロで成功するまでは1年間野球してトレーニングも1年間やるんですよ。

毎日が野球シーズンです。

話変わりますが少し野球を知ってたらインパクトでバットのヘッドを立てなさいとかいいますよね。
 
もちろんプロの一流選手もヘッドを立ててといいます。

つい最近では柳田が言ってましたね。

でもうちの昨日の練習の一幕で『まだヘッド立っとーよ』と生徒が自分に注意されてました。

ヘッドを立てろと言われる事はあってもヘッドが立っとるぞって怒られる事はないでしょうね普通は。

要はうちの選手達はすでにその向こう側に取り組んでいます。

その向こう側と言うのはある形を作りに行く事なんですが、自分は今まで形を教えた事はありませんでした。

形は一つの結果だから形を追い求めてもその動きは絶対に出来ないからです。

ニッチローがイチローさんのもの真似をいくら研究しても構えは真似出来ても動きは真似出来ないのと同じです。

ただ今回満を持してある限定の形を作るように初めて形を教えました。

この形も少し違えば全く違うものになるから全選手チェックした上での話です。

これは大博打で大化けするかバッティングが崩壊するかのどっちかという禁じ手の指導です!

ただそれがどっちに転ぶかはどれだけの下準備(基礎)があるかです。

自分はそれを「超一流のベース(基礎)」と呼んでいます。

うちの生徒にはこの数年毎日、毎日嫌と言うほど下準備をやらせてきました!

だから自分はうちの生徒に限りみんな更に化けて良くなるという方に転ぶ確信があってこのタイミングで形を教えるという禁じ手に手を出しました。

「教える前に先に宣言しときます。今日教える事で更に大化けしてプロの一流のレベルのバッテイングができるようになるよ」
と言いましたが案の定いいバッターだらけになりました!

今シーズンうちの選手達の大活躍は間違いないと先に予言しときましょうかね(*^^)v

あとはそれを繰り出せる確率とその動きの度合いは自分達で磨くしかありません!
超一流選手はその確率と度合いのせめぎ合いをしてるんです。

最近は「感情を捨てろ!ロボットになれ!」
と冗談交じりに言っています!

冗談じゃなくマジなんですけどね!

大舞台だろうがチャンスだろうが2ストライクだろうがの同じ力加減で同じ動きができれば世界ナンバー1プレーヤーですよ!

ただ人間なので感情もあれば体調もあるからロボットの様にはいきません。

だからプラスマイナスの理論とかいう超一流選手はこういう思考回路であるだろうという考え方の理論まで自分が作って伝授しています。

またそんなマニアックな話をうちの生徒は理解して実践してるから凄いと思いますね。

自分が同世代の時とはやってる事、考え方のレベルが違うから今後が本当に楽しみです。

快進撃が止まらない生徒達

みなさんこんにちは悟塾塾長の西村です。

いやー最近生徒達の快進撃が止まらなくて、休みの日は試合観戦のハシゴで忙しくて嬉しい悩みです(^^)

小学、中学で活躍している朗報や色々なリーグの選抜代表に選ばれたなど嬉しいニュースがどんどん入ってきています。

そして今やうちを巣立っていった高校生達からも朗報が来ています。
1年生で4番打たせて貰って活躍してる子まででてきました。

巣立って行った今でも「来週のピッチャー球速いらしいんですが何かアドバイス下さい」とか電話してくるOBもいます(^^) 

自分はこの子達が活躍して甲子園行こうがプロに行こうが、「悟塾のOBが」とか「俺の教え子が」とか言うつもりは全くありません。
本人の頑張りそして親御さん、監督、コーチ、学校の先生のサポートがあってのその子の成功だと言うまでもないですがが思っています。

その中で自分は少しだけ上手になるきっかけを与える役割として携わらせて貰えたならそれで充分です。
飛躍する為に自分を良い意味で利用してくれたらそれは本望です。

ただ心の中だけでは1度でも自分が携わらせて貰った生徒は自分の野球遺伝子を継承させた一生教え子と思ってますけどね(^^)

だから旅立った今でも頼られたら全力で答えます。

まあ単純に旅立って行ってからでも頼ってきてくれる事は嬉しい事です。


塾生パパ達がよく試合で活躍した動画を送ってくれます。

その中にはこんな内容もありました。

「試合も出れずドン底の状態で悟塾に行かせて貰って今やチームになくてはならない存在になりつつあります。そして何より本人が野球が大好きになりました!本当にありがとうございます!」とナイスバッティングをする動画と一緒にこんな嬉しい言葉が添えられていました。

たまに厳しく指導している時にふと思う事があって、厳しく指導して子供達が野球を嫌いになったらどうしようか?と思う事もあります。

しかし目先の楽しいより野球がうまくなる事、難しい事にチャレンジしてそれが出来るようになる喜び、楽しさの方が数段楽しい事を自分は知っているので、それを貫き通して来て良かったと思えた瞬間でした。

うまくなって試合で活躍して野球を好きになってくれる。

嬉しい事です☆

努力だけではどうしても超えれない壁があります。

昔その壁を中々超えれずに苦しんだ自分自身の経験があります。

そんな時誰かの力が必要になります。

そこで自分を必要としてくれる子が1人でもいるならまだまだ頑張ります(^^)

これからもよろしくお願い致します☆

技術のプレゼント

こんにちは!

これまで色々な技術の裏技のプレゼントを塾生達にしてきましたが、
スローイングの部分で、最近ビックなプレゼントを2つしました☆

極端に言えばこの2つが出来れば、かなり良い投手になれるぐらいの技術です。

なので野手がこれを出来ればスローイングだけで評価を得れる選手になれるという事です!

まず1つ目のプレゼントは、どれだけ全力で投げても肘、肩壊さず、なおかつスピードも出て、コントロールも良くなるという素晴らしいプレゼントです。

投げるのは、打つのと違って案外簡単です。

自己完結できるからです。

ただそれは投げるに当たって本当の理論を理解して実践出来ればの話です。

それが出来れば、自分が何処にどう動けばどうなるかというのを覚える作業が練習になり、それさえ覚えれば半永久的に戦えます。

反対にその正しい理論に出会えなければ投げる事はずっと難しいままです。

田中、則本、大谷、前田、ダルビッシュと超一流投手の投げ方は様々ですが、実は超一流投手には一つだけ共通する部分があるんです。

ある瞬間にあるところが絶対にこうなるという共通点が。

この理論が出来れば自然とその共通点を持てる一員になれます。

その共通点と理論のプレゼントの内容は企業秘密ですが、さほど難しい事ではないのでうちの全校の生徒達は出来るようになりました(^^)


出来るようになればまたご褒美をあげないといけないから次のステップのプレゼントをしました。

これは更に球を早くしてなおかつ球の回転数を劇的に増やす方法です!

これから先の野球はスピードより回転数が求められます。

楽天則本の真っ直ぐが打てないのは回転数が多いからです。

しかもそれはより力を入れるとかより激しくという話ではなく全く同じ動き同じ力加減でです。

あるところを少し変えるだけの10秒で出来る裏技です。

それだけで不思議とボールだけ早く、回転数も断然アップするという方法です。

だから裏技です。

これを知ったら一生懸命腕がちぎれるぐらい腕を振って回転数あげる為に手首のスナップを使って140キロしか出ませんって選手が可哀想に見えてきます。

ただこの裏技は最初の理論のプレゼントを出来た人間にじゃないと使いこなせない裏技です。

これをうちの生徒に教えたら1人残らず全員が球が早く質のいい(回転数の多い)球が投げるようになりました。

このように極端に言うと数分で結果が出て、野球の世界が変わる裏技的なものが存在するのも事実です。

練習した時間イコール上達ではないから残念ですが、それが現実というものです。

だからうまくなりたいなら常に情報にアンテナをはっていないといけません。

しかしプロでも誰でも自分だけが気づいた裏ワザは中々簡単には教えてくれないのも事実です。

それで生活してるんですから当然といえば当然ですね。

人気ラーメン店が隠し味などレシピを門外不出にしているようなものです。

プロ野球選手の野球教室なんかでも基本的なところで終わりです。

深い理論の話しても子供達は数時間じゃ理解出来ないだろうと思ってるってのもあるでしょうけどね。

ただ自分は自分自身の全ての情報を最も効率の良い順番で順を追って全て伝えています。

裏ワザ教えるけん誰にも言うなよ(^^)なんて言いながら。

生徒達が真剣に野球に取り組み『上達する事が楽しい』と上達する事に喜びを感じる様な思考回路にしてあげる事もこの子達の将来に繋がると思うので、これからもどんどん新鮮な情報を与えて行きたいと思いますね☆

塾生の可能性

6日間の旅から帰って来ました

その間に久しぶりに独立リーグの試合を何試合か見る機会がありました。

感想を言うと面白い試合もするし全体的にレベルも高くはなって来てるんじゃないですかね。

何せ最近の独立リーガーはいい身体してますね。

身体だけならプロとなんら変わりないですね。

ただ投手にしても野手にしても、身体はプロと変わらないのに、投げては130キロ後半から140キロ前半、打者に関しては体格の割りに打球が飛ばないし打球が弱い。

何が言いたいかと言うと、単純に個々の技術力が低いという事です。

本当の身体の使い方技術を分かってやっている選手がいないという事です。

プロより体格にも恵まれてて何ならプロより力持ちもいるかも知れないですが、実際のパフォーマンスには大きな差があります。

ここで理解して欲しいのはプロはアマチュアより体格が恵まれているからプロになれたのではないしアマチュアより力持ちだからプロになれたわけでもありません。

特別な特殊能力があるわけでもありません。

プロにも知り合いはいますが彼らも同じ人間です。

彼らは単純にアマチュアより技術が優れているからプロの世界にいる、ただそれだけです。

私は選手の所作やワンプレーを見ただけである程度その選手が今どのレベルで野球しているか、どういう意識を持ってやっているか、どこを変えれば良くなるかというのが瞬時にわかります。

今回は独立リーグでしたが大学野球、社会人野球、プロでも活躍できずにくすぶってる選手を見ていつも思う事は、正解に向けてやろうとしているが出来ていない選手はほとんどいなくて、そもそもの正解を知らない状態で一生懸命野球をしている選手がほとんどです。

ネクストバッターサークルで素振りする姿、ファールを打った後に取る仕草など所作を見るだけで一目瞭然です。

「あー方向性違うなー」 「もったいないなー」と毎度思います。

その先には何もないのを自分は知っているから、なおさらです。

独立の後輩たちはプロに身体負けしてないし野球に対しての情熱もある選手達だから「もったいな」という言葉が常に浮かびます。

実際「もったいないね」で終わって行った選手を何人も見てきたからです。

もったいないねで終わらない為には必死に技術を極めるしかないんです。

自分より小さい楽天則本が160近く投げる、自分より小さな今宮が誰よりも矢のような送球を投げる、自分より細いイチロー、王さんが世界一のバッターです。

そうです技術を極めればあなたにもできるという事です。


そういう意味でうちの生徒の将来が末恐ろしいと改めて感じました。

みんな子供で身体が全くできてない状態だから体重でいうと30キロから50キロぐらいですかね、大人の約半分の体重のその子たちが平気で技術で70、80メートルは飛ばします。

うちの将来女子野球JAPANにほぼ行くであろうスーパー女の子は軽く打ってもっと飛ばします。

自分の考えでは小、中、の体格パワーの差は高校、大学で大差なくなります。

そこからは技術勝負になります。

だから小、中で身体大きくて化け物と呼ばれてた子も力に頼ってやっていると「昔は凄かったのにね」とどんどん抜かれていきます。

統計的に見ても身体の小さい選手の方が技術力が高いです。

うちにももちろん体格に恵まれた生徒も沢山います。

その子達には常に絶対力に頼るな技術でプレーしなさいと言っています。

力に頼ってやっていたら今はいいかもしれないけどいずれ必ず追い抜かれます。

身体に恵まれた子が技術を磨けば鬼に金棒です。

身体に恵まれた選手はどんくさい、野球知らない、技術力が低いという流れを、大谷、柳田が変えてくれました。

体格に恵まれた生徒はそこを目指せばいいしそうでない生徒も技術を磨けばいくらでもチャンスはあるということです。

今回の旅で野球観戦をして、今のうちの生徒がこのまま身体が出来たらどんな選手になるんだろうと改めてうちの生徒達の末恐ろしさを感じると同時に楽しみが広がりました。

S__11591732.jpg

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる