あのイチローさんが何故今打てないのか?

何故今あの素晴らしい打者のイチローさんが打てなくなっているのか?

今日試合の映像を見たら差し込まれるケースが多く見られました。

まず大前提として45歳で現役で戦ってる事自体有り得ない事なので私なんかが見解を述べるのもおこがましい話ですがあえて生徒たちが勉強になればと私の見解を述べます。

技術的な原因はバットがやや外回りしている、すなわちいい時に比べ左肘がうちに入ってこれてないという事が大きな原因の一つなんですが、

そんな事は本人もとっくにわかってると思います。

ただ入れたくても入れれない原因があるんです。

去年一年の実践のブランクと年齢による反応の遅れ、キレの衰退によるものに加え
良いバッターはインパクトの際ボールを捕まえる為にヘッドを返して行く習性があります。

そうなった時に初動の反応が遅れた場合、間に合わないと思って返しに行こうとなるから肘は入らなくなって来るんですよね。

結果バットは外回りするからバットの芯の部分より手前を使ってします。

詰まるという事です。

今全盛期のイチローさんでは考えられない箇所にボールの跡が付いているんではないかと思われます。

まあここまでも少し野球を理解していたら想像出来うる範囲なので本人はとっくに分かっていると思います。

かといって初動の仕掛けを早くする対処をしたらメジャーの動くボール、落ちるボールに対しては対応が甘くなって穴が出来てしまいますから、詰まってでもヒットを打ちたいというイチローさんの考え方ならそういう対処の方法は取れないと言った状態にいるのが現状だと思うんですが、
私自身の本題の見解はそもそももっと根本にあると思っています。

それは「前軸起点回転の限界」

軸の問題だと思っています。

軸は右股関節、身体の中心、左の股関節、と3本あるんですが、イチローさんは投手側の股関節軸起点回転の代表選手ですが、自分の見解では前股関節起点回転はベストではないと思っています。

松坂さんから3三振食らった時もありましたが、前の股関節起点回転の打者はどうしても速いボールには弱くなってしまうんですよ。

スタンスの理論で何パターンかに振り分ける理論があるらしいですが、そんなのは血液型や星座占いと一緒で何かグループに属させたがる日本人のメンタルの弱い習性で何も興味ないですが、
軸はキャチーよりの後軸起点回転がベストだと思っています。

なおかつイチローさんは打ちに行く時若干投手側にスライドしていくので余計に大変だと思います。

それであれだけの成績を残してるのは本当に凄いの一言です。

そりゃ周りは天才って言いたくなりますよね。

本人は努力っていいますけど発想と努力する方向性が天才ですね。真似出来ないです。

イチローさんの事だからそんな事もとっくにわかっていて、左バッターの利と俊足を生かした内野安打も含めて野球や。

と言う考えであえて前軸起点回転を磨いていったと言われたら自分は何も言えないですね。

後もう一つ言えることは前軸起点回転だとボールに入る角度がつけづらいので、長打が出にくくなります。

まあそれにしてもイチローさんの守備、スローイング、走塁は世界一で走・攻・守全ての合計点数を出せと言われたら歴代世界ナンバー1でしょうから、現役でプレーする姿をまた観れた事は幸せでしたね(^^)

P.S

将来イチローさんを超える様な選手を育てれるようにまだまだ頑張って行きます。

そこを目指すなら逆算して最低でも中3までにある程度の「技術の完成を見る」必要があるとだけ先に言っておきます。

今試合に出れなくて悔しい思いをしていても充分に逆転のチャンスはあります。

「1日でも早く技術を確立させる事」それが最優先事項と言う事を常に頭に入れて日々行動する事です。

そしてそれを可能にするのは私だけとも言っておきましょう。

時間はあるようで無いです。

遠回りした時点でチャンスは失います。

遠回りさせない、本当の練習、努力をさせてあげるまでは私の仕事です。

そこから努力してものにするかやらずに宝の持ち腐れするかは本人の問題です。

私がビックマウスかどうかは生徒達が証明してくれる事でしょう(^^)

プロになりたいなら動作回路を変えろ

一流選手になるにはという前にまず他の選手とは一線を画す特別な存在になりたいならやるべき事は沢山あります。

その中の一つに【動作回路を普通の選手とは違った回路に変える】もっと言うと【普通の人間とは違った回路に変える】作業が必要になります。
天才は思考回路が常人とは違うと言われますが、その運動版ですね。

この運動回路を変える作業こそが俗に言う【練習】と言います。

変えるべき運動回路は大きく分けて二つあります。

それは【反射運動回路】と【連動運動回路】です。

ではまずは【反射運動回路】の方を説明していきます。

人間誰しもが持っている反射神経、人間が無意識にとる動き、これは誰もがほぼ同じ動きをします。

例えば不意に人の顔にパンチをしてみてください。

ほとんどの人は目をつぶり顔を背け遠ざかって逃げようと反応します。

たまに反応鈍すぎる人いるから本当にやらないでくださいね(^^)

ただ唯一それとは違った動きをする職業の人達がいます。

そうですプロボクサーです。

プロボクサーにそんな事したら反射で下か横にかわされてカウンターパンチがアゴに寸止めされているでしょう。

何が言いたいかと言うとプロと呼ばれる人間は常人とは反射運動回路が違うんです。

動体視力がどうのこうのという差ではなく、そもそもの運動回路が違うんです。

野球、特にバッティングの部分にも同じ事が言えて常人の反射とは違った反応の仕方をする必要があるんです。

人間が元々兼ね備えている反応の動きが一流アスリートにとってはやってはいけない動きになるんです。

だから世の中の全ての人がスポーツがうまくはないし、プロという存在が成立するんですね。

人間の元々兼ね備えているスペックで事足りるなら全ての競技者が最初から上手いだろうし、練習の必要性が無くなりますからね。

同時にプロに対するリスペクトもなくなりますし、そもそもプロという存在が成立しなくなります。

その反射運動回路を何から何に変えるかは技術的な話になるのでここでは語れませんが、生徒達には嫌という程意識させてます。

元々の反射神経を変えるとなると大変な作業なので嫌という程言い続けて意識させないとすぐに戻ってしまいますからね。

そのおかげでうちの生徒達は完全に運動回路がプロの運動回路になって来ています。

長くなったので【連動運動回路】については次回説明しますね。

打撃を極めるには〇〇力を極めろ!!

バッティングを極めて行く上で、【極める力】を間違えていたら打撃を極める事はまず不可能です。

ではそもそもバッティングに必要な力(パワー)は何力を使うんでしょうか?

またその動力となる力(パワー)は何をどうして起こすのか?

これがわかった上で練習して極めていかない事には本当の意味でバッティングが良くなる事はありません。

では【何力】を使うのかの結論を言います。

それは《遠心力》です。

ほとんどの選手が腕力、ないしは背筋力で打撃をしている姿をよく見かけますが、最終的に必要な力は腕力でも脚力でも背筋力でも握力でもなく遠心力です。

その遠心力の動力を何をどうして起こすかは企業秘密ですが、
その起こした動力を100パーセント以上に加速させられる事こそが遠心力の可能性、遠心力を使うべき最大の理由です。

そこに腕力や他の力が入る事を一般的に力みと言います。

そしてその力みは加速を妨げると共に減速を引き起こす原因となります。

そもそも起こしの部分、遠心力生み出す動力の部分を知らない人がほとんどですが、その事実は想像以上に深刻で致命的な事です。

一番最初の初動が動くべきところ以外が少しでも動いた時点でアウトです。

動力、起こしの方法がわかればそれを更に最大限に加速させる次のステップの技術もあります。

それを極める事が出来れば、自分の力以上のパフォーマンスが間違い無く可能になります。

そこら辺の事を頭で理解した上で行う練習こそが真の意味での練習です。

その真の練習をさせる事が悟塾の仕事です。




10月和白校開校!打率5割超えの生徒続出






みなさんこんにちは。

さあ今年も早いもので秋を迎えました。

野球選手にとっては秋は寂しい季節ですが、プロで活躍するまで、アマチュアの選手は寂しいとか言っている場合ではありません。

毎年うちの生徒には言うのですが、今シーズンが終わったのではなく来シーズンのスタートが始まったんです。

私に言わせたら基本1年365日がシーズンオンなんです。

でもどうしても冬は寒いから怪我をしやすくなるからなどという理由で通常はランニングやトレーニング中心の練習になるんですが、私から言わせたらその時点で来シーズンの競争には乗り遅れています。

かといって1年間戦える身体と体力作りも勿論大事なので冬は両方をしないといけないのでむしろ大変です。

悟塾では毎年このシーズンは、「野球は冬に上手くなる」をスローガンに掲げて死に物狂いで野球をやらせています。

もう来季の競争は始まっています!春先のオープン戦開幕にピークを持って行くぐらいの気持ちでやらないと、冬場に実戦感を鈍らせているようでは駄目です。

夏場にやっと慣れてきて調子出てきたとか言っていても遅いですからね。

私がいちチームの監督なら相手はいないでしょうから、紅白戦をガンガンやらせますね。

野球は冬に上手くなるというのはもう一つ理由があって、夏場はどうしても公式戦など大事な試合が続くから、思い切って現状の技術を変えれなかったり、どうしても目先の結果が欲しくなるから変えようとしても心折れて元に戻ったりします。

変えている最中というのは、結果はでないものです。

自分のモノにしてしまえばいやでも結果は出ますけどね。

その点冬場は目先の結果にとらわれなくていいので、技術を極める事に集中できるし、試合にベストコンディションに調整しなくていいから、ウエートトレーニングとの併用も出来るし、ケガを恐れず多少のオーバーワークも可能になります。

本題に入りますが、うちの生徒は今年の冬を乗り越えたら来シーズンは打率5割を超える生徒が続出する事を予言しときます。 

何故なら準備は整ったからです。私は生徒達にこう言います。

○プロ野球選手色々な打ち方があるけど、超一流になるための基本は一つしかない。

○それが出来なかったら打席に立つ資格がないし打席に立つ意味もない。

○それが出来なくて打ったヒット、ホームランには何も価値はない。 

○何故ならそれはまぐれだから。

○まぐれでは駄目、打つべくして打たなければ意味がない。

○まず大事なことはその基本のスイングが出来る事。

○それが出来たならその完コピを試合でやる事。
その為の方法、試合の打席の中でのルーティーンに至るまでを教えています。

違うスイングで空振り、ファールを打った場合、打席外して基本のスイングのイメージを作り直し打席に入り完コピをする。

打席の中での所作、ルーティーンに至るまで教えるのは私ぐらいでしょう。

本来の私の仕事は生徒達の脳に正確に正解の基本を叩き込む事です。

これは私の責任であり仕事だと思っています。脳に正確に正解の基本が叩き込まれた生徒はあとはそれを再現する練習をするだけです!

正しいイメージを身体で再現する訓練、これが本物の練習です。

脳に正確に正解の基本がインプットさえ出来ればあとは練習あるのみで、努力すれば個人差ありますが必ずいつかは出来るようになります。

何故ならそれが本物の努力だからです。

本物の努力は遅かれ早かれ必ず良い成果をもたらしてくれます。

私の仕事は生徒達に本物の練習、本物の努力をさせてあげることです。

あとは生徒自身が再現性の精度を練習と努力と経験を積み重ねて、磨いていけばいいだけです。

野球を一切遠回りのない超最短距離で上手くなりたいなら黙って俺のいう事を聞いとけって感じですかね 笑普通は自分でここまで言う人いませんよね。

要は普通じゃないって事です。 何故来シーズンは打率5割超えの生徒が続出すると予想出来るのかをお話しすると、最近また新たな発見があって、練習に取り入れました。

生徒の脳に正確に正解の基本を叩き込む作業は一筋縄では行きません。

めちゃくちゃ良くなったと思って喜んでいたら1週間後また元どおりみたいな事も多々あります。その度にがっかりするけど、繰り返し根気強く教え続けたらいつかは覚えるだろうとやって来ました。 

もちろんまじめに言われた事を覚えて家に帰って努力する子はガンガン伸びています。

しかし同じ事を繰り返えすパターンの生徒もいます。

私の前で私の言う事をそのままやった時は最高のパフォーマンスを発揮するが、残念ながら忘れてしまう生徒は、結果的に言うと脳に叩き込まれてなかったんです。

結局は生徒が悪いんではなくて、私が指導者としての仕事が出来ていなかったんです。

私は練習時スイングをする時に、タイミングを取って、〇〇だけを回して、〇〇が〇〇の前を通して、〇〇〇〇〇、その際常時〇は〇〇〇〇〇と言い続けています。

その際にプラスアルファーな要素もいくつかありますが、基本これが出来たら正解の正確な基本のスイングが可能になります。

この言葉を生徒1人1人に言葉にして口に出して言ってみて、と言ってみたところ全く言えない子もいたし、誰1人一語一句正確には言えなかったんです。 

全く何も出てこなかった生徒に関しては、何から言っていいかわからない状態だったと思うので、脳内が整理できてない可能性が考えられました。
それがどういうことかというと、動作の順番自体がわかってないという事になるのでそれはやばいと思いましたね。

動作の順番は非常に大事ですからね。順番間違いは動作そのものの間違いを意味します。

話戻って、何を取り入れたかというと、「言葉にして言える」=「頭に入っている」」、という事に近いと思うので毎回練習の前に1人1人に正確で正解な基本の動作を言葉にして口で言わせて、言えた生徒から、はーいOK!ならそれを有言実行、形にする素振りをして下さい!という流れを作りました。

それを取り入れたら効果覿面、試合形式の練習をしても打席での所作がプロ野球選手のようになってきて、1打席の使い方の内容が格段に素晴らしいものになって来ました。

うちの生徒達にはこういった中身の濃い打席を積み重ねていって欲しいです。

この中身の詰まった内容の濃い打席を積み重ねていけば必ずいい選手になる事は言うまでもありませんからね。

今年の冬にこれを駆使して生徒全員の脳に正確で正解の基本を叩き込むので来シーズンの活躍は間違いないと断言出来ます。

私自身もまだ指導者として新たな気付き、成長を続けています。

これも生徒達のおかげです。良くなればさらに上、さらに上を教えないといけないからある意味私と生徒の戦いですね(^^)そうこうしてたら、プロ野球で活躍できるだけの技術は身についていますよ。

あとは守備と走塁を極めておけば、確実にプロ行きなので10月から東区和白に月1ですが守備、走塁クラスを新設しました。北九州校では守備・走塁クラスはすぐ定員満員になりました。

東校から車で5分ぐらいのところなので、既存の生徒にも来て欲しいかなと思いますね。

これからのシーズンの過ごし方、取り組み方で、大きな差がつくのは間違いありません。特に中3で高校に行くまでのこの期間で3年間決まると言ってもいいすぎじゃないでしょう。

この時期遊んで3年間終わった人間を何人も見てきました。

この時期からうちに来た中3は、高校に旅立つ時にほとんどの子がもっと早くから来とけば良かったです、でも短い期間でしたが来て本当に良かったですと言って旅立って行きます。

今年甲子園で活躍した教え子もこの期間に私と出会い、高校に行くまで死に物狂いで頑張ったから伸びて、1年生からしっかり戦っていました。

とは言っても残念ですが、月曜日は満員、火曜日の夜間の部も満員なので、10月開校の月一スクール和白校に守備、走塁クラスと共に中学生の部も新設しました。

既に数人のお問い合わせが来ている状況です。

東校木曜日はまだ空きはあります。

では本気の子に会えるのを楽しみにしてます。

スポーツウェア安くてカッコいいの買うならココはおススメです(^^)

甲子園へ突っ走れ悟チルドレン

先週優勝候補最有力の高校が敗退した知らせを受けました。

私が最近出会って教えた子のお母さんからでした。

非常に残念なら知らせでしたが、こんな暖かい言葉を頂きました。

「短い期間でしたが悟塾長と出会ったおかげで最後4番も任してもらい打線が沈黙する中活躍出来たのは悟塾長と出会って教えて頂いたからです。

本当にありがとうございました。親子共々今思っている事はもっと早く悟塾長に出会っていれば・・・とそこだけは後悔しています。
というような暖かい言葉を頂きました。

そして先日元生徒からこんな嬉しいメールが来ました。

お久しぶりです!

報告遅れましたが、今南福岡大会ベスト8に入りました!!

チームで今5番打たしてもらってます!初戦の〇〇は〇ー〇で勝って次の〇〇には4ー4打って〇ー○で勝ちました!そして、今日の〇〇に〇ー〇で勝ってベスト8になりました!!

自分が〇〇戦の時に打ったのがテレビに出たりしました!

次は準々決勝で、明後日〇〇と対戦します!

今まで教えてもらったタイミングの取り方がやっとわかってきて、良い結果が今年の春から出ました!春の〇〇大会でも4番を打って準優勝しました!!

今年は100回大会で福岡から2校でれるチャンスなので、頑張ります!!

誰か特定されたら可愛い教え子に迷惑がかかったらダメなので〇〇に書き直しましたが他の部分はコピペで使わせてもらいました。

私はこれを読んで泣きそうになるぐらい嬉しかったから甲子園でも出ようもんなら泣いてしまいますね。

問答無用で甲子園まで応援行きますね。

ここで1番大事なフレーズは(今まで教えてもらった事がやっと分かってきて)というフレーズです。

1番大事な事は自分で気付くという事です。教わった事を自分なりに考えて継続してやり続けた結果、気付きが生まれて結果が出だしたんですね。

さすが私の教え子です。

しかしながらここで問題が発生しました。

次の対戦相手の主力選手も悟チルドレンという超複雑な心境の試合になります。涙

まあしかし悟塾を初めて早5年今や県外を含めて各校で私が携わらせてもらった子供達が活躍しています。

中学・小学野球では頻繁にに教え子たちが主力同士でしのぎを削っています。

なのでこれはしょうがない事なので最後まで見届けます。

悟チルドレンからすれば高校野球はあくまで通過点、負けても野球を奪われる訳ではないので、やって来た事をしっかりした形で出せるのかどうかだけに集中してやって欲しいですね。

高校野球だけではなく、週末になると中学軟式、中学硬式、少年野球、少年ソフトボールで大活躍した知らせが来るので本当に嬉しいです(^^)



塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる