2019年生徒達大飛躍の予感。



昨年の冬から技術をものにして成功するまでは野球にオフシーズンなんかないよ。

むしろ野球がうまくなるのはこの時期やから、明日開幕しても活躍できるように常に仕上げておくよう意識させて練習させていたので、年が明けて生徒達は開幕を今か今かと待ちわびて更にレベルアップに挑戦しているとてもいい状態です。

野球において一番難しいのはバッティングです。
悟塾では守備と走塁クラスも設けていますが、通常練習はほとんどをバッテイングの技術確立に時間をあてています。

言ってみればそれだけバッテイングの技術を極めるのは難しいんです。

反対に守備がうまくなるのは簡単です。

内野手は球際が全て!正解の捕球法さえ覚えたら、ノック、転がしを反復練習して覚えるだけ。

外野はスタートが全て!インパクトの合わせ方さえ覚えればあとはそれを打球補で磨くだけです。

外野手はノックではうまくなりませんよ。外野手にとって最も大事な時間はバッティング練習の際の打球補です。

この時間を球拾いの時間と捉えている選手をよく見ますが、それはもったいない事です。

極端な話外野手は打球捕さえしておけばノックなんて受ける必要はないんですよ。

しかしただ真剣に打球補をしても気持ちの持ちようだけでは意味がありません。

打球補の際の絶対条件はインパクトを合わせる事なんですが、インパクトの合わせ方は企業秘密です。

しかし打球補の正しい条件だけはお教えします。

打者がインパクトした時には既に走り出している事とそれでいてボールの落下地点のやや後ろまで曲線ではなく限りなく直線で行く事。

この条件を高確率で出し続けれる感覚を養う鍛錬をする。

だだそれだけです。

なので、内野手でいうと正解の捕球法、外野手でいうとインパクトの合わせ方を知らずにいくらノックを受けても、打球補をしても
守備が本当の意味で上達する事はありません。

悟塾では守備でも走塁でも打撃でもそう言ったやるべき事、磨くべき技術を提案しまた出来る様になるようあらゆるアプローチの方法で教授しています。

1番は生徒達に無駄な練習だけはさせたくない、無駄な時間を過ごさせたくない、無駄な遠回りをさせたくない。

この一心です。






スポンサーサイト

朗報

最近、塾生のお父さんお母さんそして塾生達本人から良い報告を受ける事が多くてとても嬉しく思います(*^^*)

塾生の決勝ホームランで昨年の優勝チームを倒し県大会進出した話や、少し前は塾生が決勝打を打ち、全国優勝した話もありました。

あとは「ホームラン打ちました」や「ヒット打ちました!」や、「外野までボールが飛ばなかったのに、外野の頭を越しました!」など、嬉しそうに報告してく
れる生徒を見るととても嬉しく思えます。

番外編では塾生のお父さんから聞いた話ですが、夜中塾生が寝ている時にいきなりうなされながら「けつ、けつ、けつ」って言い出したらしいんですよ。

思わず笑ってしまいました(^^)

私は普段構えの時も打つ時もお尻の筋肉を最大に意識させて使わせる為に「けつ!」「けつが抜けとる!」と常に言っていて、その塾生には毎度毎度お経の様に言い続けていました。

完全に悪夢として夢に出てきてうなされてたんでしょう!

いい事ですよ!計算通りです(^^)

夢に出てくるぐらい野球の事を考えないと上手くなりませんからね。

私の教えている事、目指している所は、将来プロ野球選手になって更に一軍のスター選手になるためのものなので、簡単ではないですが

それにチャレンジする前にまずは基本的な基礎の部分は徹底的にやらせているつもりです。

基礎をしっかり叩き込めばそれが結果に結びつくんですから基本は大事ですね。

まだまだ目指す所は高いですが、こうやって結果がでた報告を受けると自分の事の様に嬉しいので、どんどん活躍して欲しいですね!

憧れの人③ 塾生達へメッセージ

悟塾の目標は、一人でも多くプロ野球の世界に送り込む事でしたが、

目標のレベルが上がりました。

野球がうまいだけではなく、人間的にも小久保さんの様に皆に尊敬される様な人間に成長させる事。

そしていつか小久保さんが率いる日本代表チーム、もしくわ小久保さんが率いるプロ野球の球団に入団し、

勝利に貢献出来る選手にする為に、正しいスキルを完璧に叩き込む事です!




一瞬に生きる



これは小久保さんの大事にしている言葉です!


我々野球人はその一瞬に生きています。


一瞬で明暗が分かれます。


だからこそその一瞬の為に気の遠くなるような努力をするんです。


小久保さんから悟塾の塾生達にありがたいお言葉を頂きました!





「努力あるのみ!塾生達ガンバレ」と言ってくれていました!!

ありがとうございます(>_<)!


結局最後は自分自身がどれだけやれるかです!

私のやるべき事は、それが間違えた方向に行かないよう、無駄な努力にならないよう、毎週毎週目を光らせて、耳にタコが出来るぐらい言い続ける事です。

目先の結果ではなく、将来を見据えて簡単ではないですが、正解のスキルを教え込む事です。

だから安心して努力してください。

それは無駄ではない努力ですから。

その努力は、身となり形となり結果になるはずです。


ラウンドの途中でバッティングのお話をさせてもらった時に、

「小久保さんはどんな意識で何を一番大事にしてバッティングをされていましたか?」と聞いた時に、構える格好をして説明してくれたんですが、

構えた瞬間のオーラがまた凄かったですね!


「塾生達!」

「この領域に来る為には、並大抵の努力じゃこれませんよ!」

「ちょっとやちょっと練習したからすぐ打てる様になるとか、野球はそんな甘いもんじゃない」

「でも可能性は充分にあると思います!」


私が今からプロ野球選手になれるか?と聞かれたら、残念ながらその可能性はほぼ0です(>_<)…

でも悲しいかな今だに完全に0じゃないと思っています…

孫さんと仲良くなって「じゃあ来年ユー来ちゃいなよ」ってなる可能性だって0じゃないでしょ!とか夢みたいな話を想像しています…

痛いでしょ…(^^;


それに比べたら、私から言わせれば、今の野球少年達は、今チームで活躍していようがしていなかろーが、レギュラーだろうが補欠だろうが

可能性は無限大です。

充分に可能性はあります。

【可能性は全ての野球少年にある!】

これは私からの塾生達へのメッセージです。

大事なのは今からです。

今からどれだけやれるか!

どれだけ最短距離で成長出来るかです。

今からの頑張りで、野球人生、いや人生そのものが変わって行くでしょう。


最後に小久保さんは、「また気分転換に回りましょう!子供達の為に頑張って下さいと」熱いメールをくれました(>_<)

小久保さんとの2ショット写真もありますが、私の顔がただの野球少年の顔になっていたので載せるのは止めておきますね(^^ゞ


さあ塾生達!

塾長は俄然気合い入ったばい!


高校に進学する中3軍団、中学に進学する小6軍団、それぞれ進級するみんな。

今シーズンも気合い入れて頑張るぞ!!

終わり!


P.S
先日中3の子が高校に行くまで、レベルアップさせて下さいと入校したんですが、「何処からきよーと?」と聞いたら、小郡だそうです。
遠くから電車で通ってくれています。
その情熱に答えて、最高の形で進学させてあげるつもりです!頑張ります☆





憧れの人② カリスマ

何故いきなり憧れの小久保裕紀選手の話をしたかと言うと

先日その雲の上の存在であった憧れの小久保さんとゴルフに行ったんですよ(>_<)!

小久保さんには、私が独立リーグ時代に交流戦で何度か挨拶をさせてもらった事はありましたが、面と向かって西村悟として話をしたのは初めてだったので嬉しかったですね(^o^)/~~

朝イチ練習場で久しぶりにお会いしたので挨拶させてもらったんですが、その時に思ったのは、やはりオーラ半端ないです☆

そしてスタイル抜群で、背は高いし肩幅広いし顔は小さいしで、凄く格好良かったです!!

そしてそのままラウンドしたんですが、小久保さんは面白いし優しいんですよ(^^)

ものの数分で1度で良いから、小久保さんの後輩として同じチームで野球をしたかったと本気で思いましたからね。

小久保さんはおそらく、野球に対して誰よりも努力し、誰よりも熱く、そして誰よりも自分に厳しい人だと思うんですよ。

そこら辺は私も全く同じなので、小久保さんと同じ目標に向かって野球を出来ていた、ソフトバンクの選手は幸せだったと思いますね。

よく背中で語るじゃないけど先輩の背中を見てついていくみたいな事言うじゃないですか

小久保さんは選手会長や、キャプテンもやられていましたが、皆が小久保さんの背中を見てついていったんだろうなと思いました。

「小久保さんがあれだけやってるんだから、俺らは何をやっとるんや」と若手が思ったはずです。

そして万年最下位争いをしていたチームが、今や優勝争いするようなチームになったんだと思います。

小久保さんという一人のカリスマがチームを変えたんでしょうね!

それを私は小久保さんと実際接してみて解りましたね。




現役を引退して、監督経験が無い人がいきなりJAPANの監督になるなんて普通あり得なくないですか?

でも小久保さんなら普通にあり得る話だと皆が思ったから、抜擢されたんだと思います。

私も選手だったら、小久保監督を胴上げするために頑張りたい!と間違いなく思うでしょうね。

選ばれた若い選手達も多分同じ気持ちになると思います。




私は小久保さんは憧れの選手でしたが、今は、憧れの人そして尊敬する人になりました!

皆さんそれぞれ憧れた人がいたと思いますが、憧れの人が尊敬出来る人かというとそれは必ずしもイコールではないと思いますが

私の場合子供の頃から憧れていた人が、今も憧れの人で、更に尊敬出来る人で幸せです。

そして1つの事を頑張っていれば色々な出会いがあり、色々な廻り合わせもあり、こうやって憧れの人と一緒にゴルフに行けるんですから、色々な事を諦めず頑張る事は大切ですね(^^)/


続く…

憧れの人① ヒーロー



皆さんいきなりですが、子供の頃憧れの人はいましたか?

誰しもが子供の頃からの憧れの人はいたと思うんですが、

私達の世代は、サッカー少年はカズ、武田、ラモス、ヴェルディの選手に憧れ、中田英寿に憧れ



懐けぇーこのコカ・コーラのユニホーム(^^;

女の子であれば浜崎あゆみや安室奈美恵といったとこに憧れていました。

そして私をはじめ、全国、特に福岡の野球少年のほとんどが憧れた選手は小久保裕紀選手でした!(何人かは城島さんもいたかな(^.^)??ちなみに私は城島さんと誕生日も当然星座も血液型も好きな色まで一緒だったんで城島さんも好きでしたが…)

やっぱり小久保選手でした!!

あのかっこいい打撃ホームから放たれるホームランには魅了され憧れたものです。

そして皆が小久保選手の様になりたいと毎日練習に励みました。

私達世代の野球少年にしてみれば、小久保選手は雲の上の存在どころか、神様みたいなものでしたね!



個人的にはダイエーの時のユニホーム姿の方が印象深いなあ☆打った後バットの投げ方とかかっこ良すぎたもんなー☆

続く…
塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる