スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何より大切なもの④ 仲間

私の考え、人格を変えた出来事は何かというと、

私は高校の野球部の仲間を2人も失いました…

二人とも毎日私がグランドの外でバカをしているのを見てニコニコ笑っているようなとてもとてもいい奴でした…

家でも両親に「西村っていう面白い奴がおってね、今日もこんなバカな事しよったんばい!」とか色々な話をしてくれていたらしいです。

本当に優しくていい奴でした。

その仲間は白血病で亡くなりました。

頑張り屋でいつも頑張っていた彼が、体調が悪いからといって練習に出て来る回数が少くなり、全く来なくなったと思ったら入院していました…

今まで一緒に頑張っていた仲間が練習に来なくなるというのは何とも言えない寂しいものでした…

それは、私達2年生が秋に新チームになったぐらいの頃の話です。

その時期に私達は練習が終わってから、そのまま病院にお見舞いに行っていました。

しんどかっただろうに私達の前では辛そうな顔は見せず、少しだけ笑顔を見せてくれました。

自分の事よりお見舞いに来てくれた仲間を心配させまいと気を使ってくれるような優しい奴でした。


そして私達は、新チームで秋の大会に臨みました。

入院している仲間が白血病と生死を掛けた戦いをしているという現実が、

私達の心の甘えの部分を全てなくし、

私達はあいつの分まで戦う!という気持で1つになり、チームが一致団結しました。


一戦一戦戦う度に、チーム力が驚く程上がって行き、福岡3位で九州大会に出場した私達が、逆転、サヨナラなど快進撃を続け、

九州大会優勝、それから明治神宮大会まで優勝して、日本一にまでなりました。

そして、センバツ甲子園のキップを確実なものにしました。

凱旋してみんなで病院に行くと、仲間は無菌室という所に入れられ、面会すら出来なくなっていました。

そして年が明け、みんなで甲子園行く事を目標に頑張っていた私達ですが、

無念ですが、私達のかけがえのない仲間は「俺は天国からみんなの背中を押すから」と、お先に天国に旅立って行きました…

もう1人の仲間は大学の時にバイク事故で旅立ちました。

この仲間も優しくていい奴でした…


野球をしたくても出来なかった仲間、生きたくても生きれなかった仲間…

天国にいった仲間達の分も私達は懸命に生きていかないといけないし、あいつらに恥ずかしい生き方をみせる事は絶対に出来ません。

私と同級の野球部の仲間は全員がそう思って生きています。

だから皆それぞれの道で道を踏み外す事なく必死に頑張って生きています。

今でも天国にいる仲間には私たちは背中を押されているんです。

傲慢な考え方、贅沢な心の芽生え、感謝の心を失いそうになったらいつも思うんです。

天国の仲間にこんな姿は見せられないと。

人に忘れられた時が本当に死んだ時と言われるなら、あいつらは死んでいません。

私達の中で生き続けています。

もちろん今でも仲間です。

そしてこれからも。


私が生きて来た中でこんな無念な事があったから

私は思うんです。

今、五体満足で生きている事。

野球が出来ている事。

これは当たり前な事ではなく、感謝すべき事なんだよと…




続く…

何より大事なもの③ 記憶そして今

私もそうでしたが、子供の頃は何もかもが当たり前で、感謝する時は何かを買って貰った時ぐらいでした。

子供達はこれから先、人生において色々な事があります。

色々な経験をし、色々な事を学びます。

そこで、当たり前にある自分の置かれた環境が当たり前ではない事に気付きます。

その時に、自分の人生において、手放しで夢を追わせてくれた親への感謝、夢を応援してくれた親戚・ファンの方々への感謝、一緒に苦しみを乗り越えた仲間、逆に苦言を呈してくれた人達・本気で喧嘩してくれた数々の人間達への感謝。

数々の感謝の気持ちが芽生えます。

私も子供の頃は何もかもが当たり前だと思っていました。

今思えば、野球に空手に毎日毎日鍛え上げてくれた親父、肉が好きだったのでステーキが食べたいと言えばいつもステーキを焼いてくれた母親、それは一部ですが、大好きな野球をお腹一杯やらせてくれた両親には感謝しています。

プロになって恩返し出来なかったのが心残りですけどね…

あの環境がいかに恵まれていて幸せな事だったかは今になって分かります。

その時は当たり前だと思っていても色々してもらった事は子供ながらに今でも覚えています。

私ももう少し早くその心が持てていたら、もっと良い人間、良い選手になれていたかもしれませんね。

今の塾生の子供達も、大きくなった時に思い出して感謝するでしょう。

子供の頃に両親が、野球塾に通わせてくれた事、いつも送り迎えしてくれた事、キャッチボールしてくれた事、バットを買ってくれた事、栄養のある食事を作ってくれた事。

不思議と注がれた愛情は全て忘れる事なく記憶しているものです。



生徒に「お父さんお母さんに感謝せなよ」と私が口で教えた所で響かないのは分かっています。

これは個々が色々なものを見て学んで、経験して、心で感じないといけない事ですからね。

心から色々なものに感謝する気持ちが生まれた時、その時がある意味一人前になる一歩目を踏み出せた時なのかもしれませんね。


自分の事だけ考えて自分の好きなように生きて来た私が、あらゆるものに感謝の心を持つようになったのにはある事があったからです…

続く…

何より大事なもの② 感謝の心

私は、この映画を見てからも見る前も私の中で原点にある考え方があるんですが、

それは何かというと、

世の中当たり前な事なんか何もないという事です。

自分1人が生きて行けているのは普通な事でも当たり前な事でもないという事です。

それに気付けている人間か、気付けていない人間か。

はたまた気付いているけど気付いていないふりをして生きている人間か。

その3つに分かれると思うんですが、

この違いは人間的に大きな差になると思うんですよね。


自分1人が生きていく上で、直接的にも間接的にもどれだけ周りの人々に助けられているか、お世話になっているか!

またはどれだけの生物、命あるものの犠牲の上に生きているのかをしっかり意識して、全てに感謝をしないといけません。

感謝の心を忘れ、贅沢な事や不平不満ばかり言っていては、いい人間にはなれないし、ましては成功する事はありません。

感謝の気持ちを常に持ち続ける事で、本来の自分自身の居るべき立ち位置に立つ事ができ、

それが自分自身の人格、日頃の言動、行動を良き方向に変えてくれると思います。




続く…

何より大切なもの① 永遠の0

先日永遠の0という映画を見に行きました。





まだ見ていない人の為に内容は語りませんが、この映画は是非ともお薦めします。


ただ面白いだけで内容もメッセージ性もない映画をお薦めする事はありませんが、この映画はお薦めするというより日本人として見るべきだと思います。


特に若い世代の人間は、この映画は見た方が良いと思います。


見終わった後に何かしら感じると思いますよ(^_^)


続く
塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。