常識を打ち破れ

 バッティングにおいてバットはどうしますか?どうするものですか?

という質問に対して、どう答えますか?


振ります!振るものです。

これが一般的で常識的な答えでしょう。

バットは振るものと思って、今日まで野球をやって来た人が、大半だと思います。

しかし

超一流選手はおそらくバットを振るという感覚でバッティングはしていないと思います。

あえてバットはどうするものかと問えば振るという表現は使わないでしょう。

バットは振るものという長年常識とされて来た表現、固定観念に囚われていては、超一流にはなれません。

打席でバットを構えるという表現ですら納得がいきません。

言葉で表現するのは限界がありますがあえて言葉だけでバッティングを表現するなら

まずバットを構えるんではなく、バットを置いとくです。

そしてバットを振るではなく、バットは巻き付いて来て勝手にボールに当り、気づけば綺麗なフォロースルーが取れている!

です。

最短距離でボールを叩けとか当たってから押し込めとかボールに当たるまでが勝負とか言いますが、それも嘘です。

ボールに当たるまで力入れてボールにバットをぶつけに行くという事は少なからず腕に力が入っています。

これでは絶対に打ち損じが出てきます。

ボールを待つ時は、バットが一番出やすい所(詳しく言えば体が回転した時に右肘を一番スムーズに入れれる場所)にバットを置いておきます。

そしてあらかじめ自分が打つ動作を始めるきっかけとなるセンサーをはっておきます。

そこのセンサーにボールが通過しなければ反応する必要はありません。

そこを通過したら、その瞬間に手を動かすんではなく、一瞬数センチ腹筋を回転させます。

大まかに言うとバッティングはここで勝負は決まっています。

シンプルに考えるとバッティングでやる事はほぼ終わりです。

あとは左肘を体の中心で立てて止めるだけです。

あとはセンサーを通過したボールと巻き付いてでて来たバットが左肘を止める事で更にヘッドが加速してきてちょうどボールが捕まる所でボールとバットが当たります。

無理矢理当てに行くんではなく、ちょうど当たるという感覚を常識にしてしまわないといけません。

このとき腕には力が入ってないので芯を外す事はほぼなくなります。

このスイングを覚えたら、タイミングをとるタイミングもわかって来るので、
確率、打率ですね。
格段に、上がります!

まずバッティング練習、特にマシーンなんかが相手だったら10球打てば10球ジャストミートです。

はっきり言わせて貰うとこれが当たり前です。

逆にバッティング練習で、打ち損じなどしていては試合じゃ絶対打てません。

そもそもそれはバッティングを間違えています。

今すぐ変化が求められます。

常識を打ち破れ!

そして非常識を常識に!

詳しく学びたい、超一流の技術を自分の物にしたいと思うなら一歩踏み出して下さい。

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる