スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織圭選手とマイケル・チャンコーチ

錦織圭選手素晴らしいですね!





野球とテニス競技は違えど、

気の遠くなるような努力と情熱で極限まで極めた技術は見る者に感動を与えますね!

錦織圭選手の大躍進の裏側には、マイケル・チャンコーチの存在があったそうです。

錦織圭選手と外国人選手との体格差を埋める為にマイケル・チャンコーチとの猛練習があったようです。

基本的な事を正しいフォームでひたすら反復練習をさせられて、「まるで部活のようだった!」本人は語ったそうです。

錦織選手本人は天才肌らしく基本的に反復練習は嫌いだそうで、かなりしんどかったらしいんですが、マイケルコーチは「やらないんなら俺は辞める」と言ってやらせたらしいです。

私も最近常に感じていた(基本の反復練習の大切さ)がシンクロして、マイケル・チャンコーチを尊敬する気持ちが芽生えました。

私が少し甘かったのは、正解の技術を教え込み、子供達に頭で理解させ、伝える事で子供達は良くなると思っていました。

しかしそれは違う様です。

それが分かったのが私が子供達に手本を見せる時です。

現役時代や塾を始めた当初はバッティングセンターのマシーンのボールなんか極端に言うと100本打って100本ホームラン性の当たりを打てていましたが、

最近打ち損じる様になっているんですよ…

目が悪くなっているのを差し引いても、マシーンのボールぐらいは目を閉じていても打ててましたから完全に異変が起きているんですね。

何故かと言うと答えは簡単です。

練習してないからです。



勘違いしてはいけないのは


「正解の知識があってもそれを自分のものにしないと意味がないと言う事です。」


知っているだけで結果が出たら誰もがプロに行ける事になりますからね。

一番可哀想なのは正解を知らない子供です。

これは本人が、いくら頑張ってもそれは遠回りの険しい道が待っています。


1つ例えるなら、

これから生死をかけた戦いを控えている武士を塾生に例えるなら、

私は「正解の技術」という最高の切れ味の日本刀を1人1人平等に与えて使い方を教えています。

しかし本人が刀の稽古をせずに刀を使いこなす事が出来なかった場合や、刀の価値を分からず置き忘れて拳ひとつで力まかせに戦いに行った場合、命はないでしょう…

木の棒を振り回して来た奴にあっさりやられてしまいます…

要はせっかく周りの武士達が到底持っていない日本刀を持っているのだから、それを使いこなせる様に努力しないと相手は倒せない言う事です。




錦織圭選手程の超一流選手が更なる高みに行く為に

基本的な事を一から「正解の技術」でヘドが出る程反復練習するんですから

まだ二流、三流の人間は死ぬほど頑張らないと結果は出ませんね。

「結果」を追い求める前にまず技術を自分のものにする事に全てを注ぐべきだと私は思います。

技術をものにしさえすれば結果は嫌でも出ます!

これは間違いない事です!

身体が「大きい」「小さい」や身体能力が「高い」「低い」なんか関係ないよ!
と塾生達にはたまに言いますが、

最後にものを言うのは

どれだけ根気強く本気でその事に時間を費やせたかが大きな差として出てくるだろうし、

その後の本人の競技人生が決まっていくんだと思いますね。

私がいくら頑張っても残念ながら錦織圭選手にはなれないから

私はマイケル・チャンコーチの様に素晴らしい指導者になって素晴らしい選手を生み出したいですね☆

髪はフサフサなままね!

でわ☆

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。