夢の続き

 自分は自分のとこの塾生達はみんな甲子園に行って欲しいし、みんなをプロ野球の世界に入れるつもりで指導しています。

しかし生徒自身はまだ甲子園にしろ、プロ野球にしろまだ漠然とした夢程度にしか感じてないはずです。

それはそうです。

自分もそうでした。

プロ野球というレベルがどれ程のものか
そしてプロ野球選手との力の差はどれ程のものか?

雲の上の存在なのか、はたまたそんなに遠くないのか?

自分は高校までいつかプロに行くだろうと思っていました。
しかし大学でやんちゃが過ぎて、試合にも出れなくなってしまった時、自分はプロなんて行けないんじゃないか?
と思うようになりました。



大学時代の写真。誰か撮ったか知らんけど、大学時代の唯一1枚残った写真

喧嘩の為に練習より筋トレばかりして、先輩、監督、そんなん関係ねースタンス

澁谷、新宿、横浜、湘南で暴れまわっていた…

鬼と呼ばれていた破天荒な時代…

こんな事せんで真面目に野球しとけばと後悔…

血筋のせいかな…

こんな若気の至りで損して野球で遠回りする事は塾生には絶対させない!

とつくづく思います。

しかし卒業後、生き甲斐の野球を辞めれる訳もなく、自分の可能性を信じて、野球の独立リーグに入団しました。

有難い事に独立リーグはNPB(プロ野球)と頻繁に試合する機会があって、そこで始めて身を持ってプロの球、プロの打球を目の当たりにして、そんなに差はないなと思える様になりました。



一軍と二軍の差は歴然でしたけどね…

そして最後のシーズンとなったシーズンの開幕3戦目ぐらいの時に、自分が首位打者を獲った時から気にして見てくれていたある球団から今年のドラフトでうちに取るから、怪我ないようにシーズン送ってくれとの電話がありました。

この瞬間に漠然とした夢から、現実的な目標に変わりました。

目標に代わった瞬間に、「プロ行けたらいいなー今日も練習頑張ろ!」から
「プロにいかないかんくなったけん、あれもこれもやっとかな恥をかくけん今日も練習しとかないかん!」
に変わりました、自覚が芽生えた瞬間ですね。

自覚があるのとないのではこんなに違うのかと思うぐらい本当に練習の質が完全に変わりました。
練習終わってもジムに行き、整骨院で体のケアをし、ご飯を食べて帰って寝る。
毎日朝から晩まで野球漬けになりました。しかし一切苦にならないどころかまだ時間が足りないとすら思う様になりました。
練習の質が変わるとやはり結果も変わり、結局そのシーズンは本塁打王、打点王、チームMVP、月刊MVP、リーグ後期MVP、ベストナインとタイトルを総なめしました。



まあ色々ありドラフトにかかる事はありませんでしたけど…

でも間違いなくこの時の自分ならプロの一軍でも戦えた、と今でも思います。

生徒達には自分の経歴をわざわざ話す事はないですが、自分も生徒を持つ塾長として夢を叶える後ろ姿を見せてあげないといけないと思います。

口で言うのは簡単ですけど実際に目の前で塾長が夢を叶えたら刺激はうけると思います。

その自分の夢の続きは

甲子園はもう叶わぬ夢…プロ野球選手になる事も叶わぬ夢…

後に残すは東京ドームでしょ!!

クラブチームを作って東京ドームを目指します。

仲間集めから何から何まで大変なのはわかります。

でも夢の続き、生徒達に夢の叶え方を背中で教えるにはやるしかないです。

リアル版ワンピースです。

仲間集めて全国一を目指すわけですからね!



自分は誰ですかね!

ハンニャバルですかね…!

まあそれはいいとして。

これからは野球塾の事と自分のクラブチームの近況も一緒にアップしていきますね!

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる