スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな目標

遅くなりましたがプレミア12終わりましたね。

プレミア12が終わって自分の中で新たな目標が出来ました。


しかし大谷は凄かったですね。

異次元のピッチングと言われてましたね。

昨日のスポーツ新聞で大谷の評価価格が244億円?数字はうろ覚えですが、ダルビッシュまー君を超えているらしいです。

いやいや桁がでかくてよくわかりませんが夢がありますね!

陸上のウサインボルトみたいな身体能力ずば抜けた外人でもなく、ちょっと背の高い同じ日本人の20歳そこそこの青年にそれだけの評価がつくんですから野球の可能性は素晴らしいですよ。

逆に言うと今野球している野球少年みんなにチャンスはあるという事です!

特にバッターに関しては身体能力は投手程関係ないと自分は思っているので自分は身体能力で劣るからと悲観しなくても大丈夫です。充分にチャンスはあります。

打者はいかに遠くに飛ばすかの競技じゃないですからね。

100メートルも150メートルもホームランはホームランですからね。

ピッチャーも変化球がありコントロールがあり、技術で全然いけるんですか、やはり速ければ速い程有利と言う事実はあるので、アスリート性は高いですね。

嘘はダメなので正直言うと、悔しいですが私は大谷を育てる自信はありません。

私自身が投手として極めてないからです。

しかし大谷を打ち砕くバッターは育てられると思っています!

自分の目標は大谷が異次元の投手なら異次元の打者を育てる事です。

異次元の打者とはずばりプロで4割40本40盗塁。

トリプルフォーを達成できる最強の打者の事です。

その高みを目指すなら当然大谷クラスの投手もコンスタントに打って行く必要があります。

自分の見解では大谷の160キロにも、タイミングを完璧にで合わせて、最大限に無駄を省いて、自分自身が「水」になる事が出来れば真っ直ぐ待ちの変化球対応で普通にがっぷり四つの戦いが出来ると思っています。

ん?「水」になるってどういう意味?と思った方もいるかもしれませんが、今回は話の主旨から逸れるので割愛させて頂きます。

そのレベルでの戦いは「タイミング」しかり、「少しの力み」しかり、一つのミスが命取りになりますから、ミスを犯さないバッターを育てそれを9人並べれば大谷クラスの投手でも攻略出来ます。

今回のプレミア12でも韓国打線は無駄とミスが多すぎでしたからキリキリ舞いにされてましたからね。

そんな最強の打者をごろごろ育てる事ができれば世界大会で悔しい思いをする事も無くなるでしょうからね(^^)

大事なのはやるからにはそこを目指してやることですね。

そこを目指して必死に頑張っていれば気付けば日本で3億4億円プレーヤーにはなってますよ。

でもそこまでいけば、それでも満足せずに更に上を目指しているんでしょうけどね。

最後に話変わりますが、楽天の則本!

今回は打たれましたがいいピッチャーですね!

体的にも大谷みたいにそんなにでかいわけでもなく156キロ投げますからね。

ある意味大谷より凄いですよ。

あと則本の何がいいかというとあのストライク先攻のテンポと勢いですね!

野手目線で言うと最高に守りやすく攻撃に勢いがつくピッチャーです。

面構えもいいし、久しぶりに良いわ!と思った選手ですね。

逆に野手からしたら守りにくい勢いつかないピッチャーは菅野ですかね。

なんかダラッとして覇気がないように見えるでしょ

巨人戦全然見てないんですけど菅野の時援護無い事多いんじゃないですかね。

まあ被ってないですが大学の後輩なんで悪く言うのはこれぐらいにしときましょう。

昔自分が子供の頃150キロで凄いと言われていました。

誰が日本人で160キロ投げるピッチャーが生まれる事を予想しましたでしょうか。

でもそれは現実になりました。

これからもどんどん出てくるでしょう。

今の時代はトリプルスリーが凄いと言われています。

誰の口からもトリプルフォーなんて言葉聞いたことありません。

それを現実にするのは今の子供達が大きくなった時かもしれませんね(^^)

でわ☆

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。