お盆休みの理由

悟塾ニュースで書かせて頂きましたが、悟塾では盆も正月も祝日も関係なくやりますよ!
というスタイルでやって来ましたが今回はお盆休みを取らせて貰う事にしました。

その理由をここに書こうと思います。
そんなんどーだっていいやろと思うと思いますが、これは自分個人が書きたいと思ったから書きます。

私は関東の東海大学という大学に行きました。

卒業式を迎える前の高3の段階で静岡である三保キャンプに参加し、いきなり紅白戦で四年生リーグ戦2戦目エースから弾丸ライナーのホームランを放ち一躍スーパールーキーと言われ1年生でメンバー入りを果たし、当時早稲田大学4年の和田投手からバックスクリーン上段ににホームランを放つなど東京6大学からは1年の時点でほぼほぼ全大学ホームランを打ってたんじゃないですかねという事で一躍数球団から注目されていました。
しかし度重なる怪我や監督との衝突により完全にグレテしまって野球が嫌いになりかけていました。

気づけば4年になり絵にかいたような尻すぼみの自分に声をかけてくれるプロ球団はあるはずもなく進路を考えてた時にこんな自分にも声をかけてくれた社会人野球のチームもあったのですが当時まだ暇だった時の栗山さんが、暇とか言ったら怒られますか('_')
栗さんがお前は性格もポテンシャルもプロ向きで一番プロに近い存在だから独立リーグに行って1年でプロに行け!という言葉をくれて消えかけてた野球への火が再燃しました!

そして大学の卒業なんかもどうでもいいやと思い卒論の変わりにサイン色紙にサインを書いて『出世払い』と謎のメッセージを残しめんどくさい卒論から逃げるように四国に飛びました。

結構厳しい教授だったんですが後から聞いたらゼミの仲間が自分の尻拭いをしてくれて教授も本当にあいつはしょうがないなって感じで卒業させてくれたみたいでした。

本当にいつだって周りの人に恵まれてるのが唯一自分が自慢出来る事です。

実を言うとここまではどうでもいい話なんですよ('_')

気づいたら前置き長くなるのは悪い癖です。

ここからが本題です。

そして徳島の球団に入団しました。

当時の独立リーグは2年目で、暴力事件を起こして学校を辞めた人間や監督とぶつかって辞めた人間や天才なのに練習しないで遊びまわる奴などポテンシャルと実力はあるけど人間的に問題のある輩の集まりでした。首脳陣もしかりでいい意味でも悪い意味でも無茶苦茶でした。乱闘、退場、ラフプレーは当たり前で自分も野球には熱く常に全力プレーだったから何度も退場、謹慎食らいましたが、自分に取っては最高の環境でした。
大学野球の100倍面白い世界でした。

とにかく大学で無駄にした時間を取り返すため、そして一番思ったのは『絶対見返してやる』という気持ちで必死に野球をしました。

そんな自分の全力プレーを見て1人また1人と応援してくれる人が出てきました大学野球時代では考えられない話です。

そんな中でのちに自分が徳島の父と慕う人との出会いがありました。

いつもにこにこしている全部白髪の世界で一番優しいであろうと自分は思う方です。

その人は自分の怪我をも恐れぬ必死なプレーが好きといってくれて1年目から自分と自分が可愛がっている後輩や仲のいい先輩まで面倒を見てくれて焼肉でも何回連れて行ってもらったか数えきれません。

どれだけ差し入れを貰ったかも数えきれません。

自分なんか色々な人によくして貰えるような人間じゃないし、ましてや応援して貰えるような人間じゃないと常に思っていました。

自分なんか応援しても何も見返りなんかないはずなのに、無償の愛でずっと応援してくれました。

環境が人を育てるとはよく聞く言葉ですが今思えばその言葉をこの身で体験できていた自分は幸せ者です。

中々体験できる環境じゃないしそれに気づかず生きていく人の方が多いでしょうからね。

それをうちの生徒達に伝えたくて長々と書いています。

そんな最高の環境で日々を過ごしていた自分に心境の変化が訪れました。

環境のおかげで精神的に成長出来たんですね。

今までは自分の原動力は自分の為、プロに行って成功していい生活をして自分自身の『絶対見返してやる』という気持ちを晴らす為だけに支配されていました。

しかし無償の愛情を受け続けたことで絶対恩返しがしたい、この人たちを喜ばせたいと心の底から思うようになりました。

何が一番の恩返しか、何が一番喜ばせる事かと考えた時に、お金もなければ力もない自分が残された選択肢はプロに行って野球を頑張っている姿を見せる事しかなかったんです。

そうなったときの真剣さ、強さ、パワーは自分の為、自分の気持ちを晴らす為が原動力の時とは比べ物にならないぐらい強いということは間違いないと思います。

生徒達もこれを見ている生徒がいるならまず恩返しをしないといけない人たちが誰かは分かはずだから。

自分の為じゃなくその人達に恩返しをする事を思えば死に物狂いで頑張れると思います。


結局自分は5年間3球団を渡り歩き死に物狂いでやりましたが悲願叶わずプロにはいけませんでした。

5年間、自分が徳島のチームを離れて福岡のチームに移籍した時も徳島の父は自分を応援してくれる応援団を引き連れて四国から福岡まできてくれたり、愛媛に移籍してユニホーム脱ぐ最後の最後の試合も応援に来てくれて最後まで見届けてくれました。

自分は燃え尽きるぐらい色々なことを犠牲にして野球に取り組んで来て誰よりもあがいたし最後までチャレンジした自負はあるので自分がプロに行けなかった悔しさは不思議となくて、恩返しできなかったという心残りはすごくあります。

たった1度でいいからプロで活躍する姿を見せて恩返ししたかったなと今でも思うしこれから先もずっと心残りではあると思います。

正直野球スクールを始めたのも『自分の野球のDNAを継いだ選手が今度甲子園でますよ!一緒に応援に行きましょう』って言いたかったのかもしれませんね。

徳島の父は自分が野球を辞めてからもたまに気遣ってくれて電話くれたりお中元、お歳暮の時期には必ず自分の好きなフルーツをいつも送ってくれてました。

もちろん自分が野球スクールしているのも知っていたし、生徒が成長して羽ばたいて行くのを楽しみにしてくれていました。

しかしもう徳島の父と自分の生徒の晴れ舞台を見に行くという夢は叶わなくなってしまいました。

でも間違いなく天国から応援してくれてると思います。

最後の電話が病院からで最後の最後まで自分の心配と生徒の活躍を祈ってくれてました。

自分はあんな優しくて素晴らしい人にであえて幸せでした。

盆に久しぶりに徳島の父に会って来ます。

だいぶ昔選手仲間と徳島の父と行った阿波踊りに徳島の父姿がないの寂しいけど、思い出にひたりながらまたこれからも頑張れるパワーを貰って来ます。

生徒達!

どれだけ気持ち、思いがあっても、『力』がないとそれは叶えられないから

俺はこれからも厳しく技術を叩き込みます

それが後々色々なものを叶える『力』になる事を俺は知っているから。

力が無いと俺みたいになるから今必死に頑張って!

ほんじゃまた!

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる