永遠の課題を超えた奇跡

時が経つのも早いもので、もうかれこれ野球指導に携わらせて貰って数年が経ちました。

自分の指導法は簡単に言うとこういう意識でこう動く事が出来たら自然にこうなるよ。
という「自然になる」という指導であらゆる要望を可能にしてきました。

無理矢理させようとしても出来ませんからね。

野球の技術に関わる事のほとんどの案件は思いどうりにしてあげれる自信がありましたが、ただ一つだけ自分にもどうしようも出来ない事がありました。

それは自然に力を抜かせる事、自然に腕を脱力させる事です。

腕を脱力することは全てのプレーにマストな条件でバッテングで言うとそれが出来て初めてバットのヘッドが遅れてきて、それが鞭のようなしなりになり超インパクトが可能になります。

なので「俺がいくら何を言っても脱力出来ん奴はどーしょうもないぞ」と言ってきました。


今思えば自分の指導力のなさ、引き出しのなさを生徒のせいにして最低な指導者です。

どうしても力みが入ってしまう生徒の力みすら魔法のように取ってあげる、何なら力みが入った状態でもヘッドを遅らせてバッドを鞭の様に使えて超インパクトをさせてあげる、ところまで出来て初めて真の指導者だと思います。

ただそんな事が可能なのか?

結論から言うとつい先日それが可能になりました。

数年間野球の技術に特化した指導を日々追及し続けた結果、一つの考えにたどり着きました。

今思うとそれはここ数年自然に出来ていた事なんですが、それは何かというと。

普通は野球技術指導は野球のプレー動きだけを追求して指導すると思いがちですが、同じぐらい大事な事は持つべきイメージ、考え方、思考を教える事です。

これは生徒たちのレベルが上がってきたおかげでたどり着けた考えです。

今まで大げさではなく生徒達に1000個ぐらいの技術から思考まで様々な小さな課題を毎回毎回出して来ました。

超おおざっぱでいいなら10個程の課題を順番に一個ずつクリアしていけば技術は完成に近づくでしょうが、10個ぐらいまでおおざっぱだと課題をクリアできないケースも出てきます。

1000個ぐらいまでミニハードルにしてあげると簡単にクリア出来ます。

その積み上げが確かな技術、そして徐々に一流の思考回路になって行くんです。

自分の仕事は超難しい技術をいかに簡単に噛み砕いてあげれるかです。

その点は我ながら天才じゃないかなとたまに生徒の前で言って笑われますがハイ!と言ってくれます(*^^)

だって自分の言った通りにやりさえすれば簡単に凄い事が実際に自分自身できる様になるんですから。


話戻しますが、指導者、プレーヤーにとっての永遠の課題、力みを取り除くという課題をクリアできたのもある意味ラッキーというか最高の偶然も味方してくれました。

最近の練習で全校、ある思考の理論プラスマイナスの理論を駆使して、必要最小限打法に取り組んでいました。

必要最小限打法というのは簡単にいうとベストスイングをするという事です。

今野球をしている九分九厘がフルスイングという言葉の認識を間違えています。

九分九厘がやっているフルスイング、スイングは完全にオーバースイングです。

だから生徒達には本当のフルスイングの定義を教えてそれを可能にする思考理論を教えていました。

うちの生徒は優秀なので私が出したミニ課題は1週から2週で大体全校の生徒がクリアしてきます。

大体2週ぐらいで浸透してきたのでこのタイミングで一個前のブログで書いていたある形を作らせるという禁じての課題を出しました。

そして結果は月曜東校、火曜早良校、早良校夜間中学生以上の部、早良専属、木曜東校、の生徒ほとんどの生徒がプロ野球選手がそのまま子供になった様な変貌を遂げました。

後は来月の北九州伸び盛り軍団ですね。

バットがしなって来るわ、超インパクトになるわで過去最高のはまり方をしました。

課題の脱力も「自然に」できていましたしまだ脱力が甘い生徒でもバットのしなりインパクトの強さは格段に上がっていました。

あの課題からのこの課題だからこれだけ想像を超える度ハマりをしたんだと思います。

あの課題からのこの課題と言いうゴールデンラインを見つけてしまった瞬間でした。

多分このゴールデンラインの引き出しを持っているのは全国探しても自分だけだと思います。

誰もが出来る様に極限まで砕いて、さらに思考の部分が入り組んでいる、そしてこの課題と課題の奇跡のバトンタッチが生んだ偶然の産物です。

それを気づかせてくれたのも結局生徒なので、やはり生徒達には感謝ですね。

良くなったご褒美にミニ紅白戦したんですが両方のチーム全員がそれぞれ好打者となると乱打戦になって子供ながらに見ごたえありましたよ。

テンション上がって全校合同の紅白戦みたいなイベントしようかななんて思ったぐらいです。

この大変貌で生徒達は今シーズンは大変な事になりそうですがそれでもイチローさんが今だ成長を辞めないのと同じで、まだまだ自分も生徒達もこれに驕ることなくもっともっと深く更に上を目指して追及していきますよ。

一つ言っておくとしたら自分が目指してるのはプロ野球選手を育てるではなくまだかつてない選手を育てる事です。

だから自分の教えてる事はインターネット何かをいくらググっても出てこないですね絶対に。全てが完全オリジナルでその遥か先をを行っています。

プロの一流選手がこう言ってたからと言ってってそれやってってもそのプロには勝てないし全部の情報を真に受けたら駄目ですよ。

基本が出来てない状態でプロの感覚の話だけ聞いて真似しても意味ないですからね。

まあ自分がまさにそれだったので・・・

あと一つ言える事はプロは一番大事な感覚、思考、技術は言いませんよ!ましては公共の電波では。

それで飯食ってるわけですからね。

頭いい選手程わざと薄っぺらい事を言ってますよね。


まあそんな話はどうでもいいですが生徒たちが凄く良くなったのでテンション上がって珍しく連続でブログ書いてしまいました。

若干昔のビックマウスでイワせていた痛い自分が久々に垣間見えましたがまあ多めに見てください(*^^)v

ブログは自己満ですからね☆

ではまたいつか。

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる