背番号17 角野雅俊

また新しい仲間が入団してくれました!

背番号17番 投手 角野雅俊 徳島



角さんは自分が大学を卒業して始めて入団した徳島インディゴソックスというチームの先輩で、不動のエースでした!

角さんには先発のエースそして投手陣のキャプテンとして、チームの副キャプテンとして
投手陣を引っ張っていってもらいましょう!

角さんは188センチの長身から繰り出される150キロ台のストレートとスプリットとスライダーを武器にした右の本格派です。

ここからは角野雅俊という人間を紹介しますね!

角さんは大阪生まれ大阪育ちでばりばりの関西人です!

なので普段は常にしゃべっていて普段からばり面白いんですけど、いざという時にいきなりキラーパスをされて皆の前に立たされると笑ってごまかすか、全然普通の事しか言えなくなるという中々のヘタレぶりを披露してくれます(^^ゞ


そして性格は、普通188センもある大きい人は気が長くて優しいイメージですが、角さんは試合になると短気で3秒で切れています。

でも普段は面白くて優しい先輩です。

そして熱い人です。

特に自分は仲良くしてもらいました!



7年前

もう7年も前か…


自分が徳島インディゴソックスにいる時に、2年目に監督が変わったんですよ。

その人はチームを締め付けにかかる監督で、自分は天性の自由人でゴリゴリのエゴイストやったから当然の様に毎度、毎度衝突しますよね!

普通の先輩なら止めとけよ!とか

優しい先輩でもまあまあまあとか

グロイ先輩なら監督側につくか、関わったら自分まで巻き沿い食らうけほっとこーとか

いずれにしろ自分の身を守る方向に行くんですが、

角さんは違います。

自分がキレたら一緒にキレてくれます!

多分自分が何に切れてるか分からない状況でも取り合えずカットインしてきて一緒にキレてくれます。


損得勘定しかできないそこらの偽善者とは訳が違います!

そして自分が喧嘩別れの様にチームを退団し福岡のチームに移籍する羽目になった時も、角さんも喧嘩別れ退団し一緒に福岡の球団に来てくれました。



そして2年後、福岡の球団でも監督、コーチ全員と喧嘩して退団する羽目になった時もまた何故か角さんも退団になり自分は愛媛に引き抜かれ、角さんは徳島に引き抜かれ出戻りし、チームこそ離れてしまいましたが角さんは何時でも自分の味方をしてくれました。



きっと角さんはこいつを可愛がると決めたらとことんな性格なんでしょう。

ほっとけなかったんでしょう!

また自分と相性が合うとこがあったのかもしれません。



たいぶはしょって書きましたが、細かく書けば色々な壁を一緒に乗り越えてきました!


自分は独立リーグたけで3チーム渡り歩きましたが馬が合うとか尊厳できるとかこいつは可愛がろうとかいう面白みのあるチームメイトや仲間に出会えるのは、30人近くいて本当に1人か二人です!

そんな人間を自分は集めて最強である前に最高のチームを作ってみせます!

ではまた☆



P.S
角さんの野球ガードネットで400円で売ってました(^^ゞ
ラスト1枚でしたよ!
アイランズでもっと有名になったらプレミアつきますよ☆

タグ : 角野雅俊

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる