スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必然的に

野球選手にとってバット・グローブ・スパイク・その他野球道具は商売道具です。

しっかり手入れして、大切に使うのは当たり前ですが、ちゃんと当たり前の事が出来ていますかσ(^_^)?

実は自分も当たり前の事が出来ていなかった一人でした…

元々めんどくさがり屋だったので、イチロー選手が毎試合、試合後にロッカーで道具を磨く姿をテレビで見て、「俺も道具大切にせな上手くならんばい!」と思って渋々やっていたのを覚えています。

道具に対してのこだわりは無い事はなかったんですが、プロに貰ったグローブやバットスパイクを試合で使ったりしてたぐらいだから、そこまでのこだわりは無かったんでしょうね…

今自分が思うに、道具にイマイチこだわれなかったのも、道具の手入れをおろそかにしたのも、そこまでの実力と真剣見がなかったというのと、どっかで言い訳を作っていたのかもしれません。

弱い人間ですね…

人間、自分の実力の無さがあからさまに分かる事を一番恐れていると思うんですよね。

本気なら本気程です。

だからどこかで見て見ぬふりをし、無意識に言い訳を作っているんですね。

「もっといいバットを使えば打てた」とか「昨日グローブ磨いていたら弾いてエラーせんかった」とか、まあコンディションや体調を言い訳にする者もいますが。

1ついえる事はそんな選手はそれ以上の成長は無いし、絶対にプロになんてなれません。

本当の自分と向き合い、客観的に自分を見て、実力の無いのを認めて、素直な心を持ってひた向きに努力する!

これが上手くなる為のプロに行く為の第一歩です。

まあ最初から凄い奴なんていないし、最初凄い奴なんか将来恐くもなんともないですからね(^^)

厄介なのは恵まれた体格、パワーを持っている奴ではないんです。地道に努力して来て、なおかつ正解の技術を知っている奴!そして野球を深く知っている奴、こういう選手はそつがなく計算が立つので、首脳陣も使いやすいし、スカウトも球団に推薦しやすくなります。

素材だけで18でプロ入りするケースも少なくないですが、結果実践で使える選手にやられて、単年で自由契約になるのが落ちです。

試合に出ているメンツよりベンチ暖めているメンツのほうが体格いいなーみたいなチームもあるんではないですかね!

もちろん小学より中学、中学より高校ですけどね。

レベルが上がれば上がるほど力だけでは誤魔化しが効かなくなってくるんですね。

レギュラー争いで篩に掛けられる時も野球に詳しくスキルがある選手が残る!

うちにいる選手はそんな選手に育てたいですね!

話しはそれましたが、紳士的に自分とそして野球と向き合わないと成長はありません。

逃げ道、言い訳を作っている様では成長はしないですね。

骨折していようが肉離れしていようが、前の日寝てなかろーが、グランドに立つ限り誰も助けてはくれません。何の言い訳も通用しないんです。結果が全ての厳しい世界です。

逆に言うと結果さえ残せば誰に何を言われる事もないわけです。


自分も独立リーグに入団し自分が成長し、3年目にドラフト候補に名前が上がり出した頃、360度考えが変わりましたね。

実力がつけばつくほど試合に望むに当たり言い訳になりうる要素を全て取り除く方向に考えが行くんですね。

試合に望むに当たって、実力がない時はダメだった時のイメージが先にでてしまうんですね。だから逃げ道を作る。

実力がつけば活躍する事がわかっているから、当然いいイメージしか湧かない、だから万全の状態で常に試合に望もうとする。

これは計算とかではなく大概の人間の思考回路はこうなっています。

だから前者と後者の差はどんどん出るんですね。

自分も必然と道具もこだわるようになったし毎試合手入れを欠かさずにやるようになりました。


むしろ汚れたスパイクでお客さんの前に出るのなんてプロとしてありえないし、万全なコンディションでグランドに立つのは最低限の礼儀だと思う様になりました。

独立リーグでも野球だけして給料貰って、ファンがお金を出して応援しに来てくれる以上、プロ意識を持ってプレー出来ない選手はグランドに立つべきではないと思いましたね。

実力がつけば色々な事が必然的によい方向に向いてきます。

良い話しも徐々に入って来るようになります。

周りが動きだせば、本人もその気になる。

その気になれば、夢が目標に変わる!

目標になれば達成出来る!

そうなるにはただがむしゃらに頑張ればいいというものではないです。

努力をして確実に上手くならないと何も変わっては行きません。

その為に悟塾、自分がいるのかもしれませんね(^-^ゞ









ヒッコリーの自分モデルのバット

今話題のバレンティンもヒット量産しているマートンもヒッコリーですね!

ちなみに自分は23歳の時の2年目のシーズンからヒッコリー愛用してました(^^)

バレンティン・マートンより先にね(^^)v

シーズン前に自分モデルに削って貰って20本ぐらい送って貰うんですがシーズン終わる事にはもう数本しかなくなってますけどね。

技術がなかったので力で振り回してましたからね…

しかし驚きなのが自分が首位打者を取ったシーズンは最終戦に一本折れただけでした。

いろんな意味で、技を極めるといい事づくしですね。

選ばし人間にしか可能性がないならやる意味はないけど可能性は皆平等にあります!

頑張りましょうね♪


P.S

もうすぐハロウィン?らしいですね!

てかハロウィンって何なん?

今まで生きて来てハロウィンやけんって何か特別な事した事ないけど…普通ですよね?

カボチャくり貫く暇あったらバット振ろーぜ(*^^*)

でわ☆

タグ : 道具

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。