田中を攻略するには

楽天を球団初の日本一に導いた絶対エース田中将大。

面白い様に凡打の山を築き、プロ野球選手がまるで子どもの様に、クルクルバットが空を切る。結局ペナントレースでは一度も土をつける事が出来ず、付け入る隙が無い程の凄い投手です。

では田中将大を打つにはどう攻略すればよいでしょうか?




まず最初にする事は相手を知る事でしょうね。

相手の球種、急速、配球、癖、パターン、間合い、クイック大体こんなもんですかね。

とりあえず頭に入れておく事です。

後は自分に対しての攻め方ですね。

田中将大からしてみると、みんな格下なんだろうけど、要注意のバッターとノーチャンスなバッターでは攻め方は違うと思いますからね。

逆に言うと格下と見られたバッターはその隙を確実に突いて行かないとチャンスはなくなります。


自分はセンターを守っていたので、キャッチャーの配球、ピッチャーが投げるコース、球種がよく見えてました。

配球についてキャッチャーとよく話しをしたものです。

自分がピッチャーで、なおかつ田中将大の様な球威とコントロールがあるならこういう攻め方をベースにします。

まずインコース、人それぞれ考えはありますが、インコースは一歩間違えれば危険な球、事故(まぐれ当たり)を起こされる可能性があるコースです。

だからと言って外一辺倒で逃げるわけではなく、インコースにはボール一個分ボール球を腕をしっかり振って投げ込みます。

審判によってはインコースが広く取って貰えたら儲けもの、良い当りをされてもファール、フェアーゾーンに飛んでもどんずまりの可能性が高いからです。

置きにいってない、一個分ボールをさばかれて打たれたら、ごめんなさいです!
バッターの方が上やった。で終わりです!
そのぐらい開き直って投げなピッチャー
はやっていけないですよね。

自分にとってのインコースはファールを打たせてカウントを稼ぐか、ボテボテの内野ゴロを打たせてダブルプレーを打たせるか、次の外の球を遠く見えさせる為の伏線として使いますね。

次にアウトコース、欲を言えばアウトローですけどここでカウントを取ります。

やはりアウトローにピシャリ投げられると長いのが出る確率は内より低くなりますね。

自分が教えている打法ならインもアウトもストライクゾーンを通過してくれる以上、同じだから、外はライトスタンドに打てばいいだけですが、難易度で言うとやはりアウトローが一番難しいですね。

投手の場合の自分にとってのアウトローはカウントを取りに行く為に使いますね。

勿論これはあくまでもベースなので、そこからシュートさせたりスライドさせたり動かしたりするんですけどね。

最後にフォークボール。この球をベースの奥に落とす。

これは空振りを取りに行く為に使います。

このボールはストライクを取る球ではなく空振りを取りに行く球なのでストライクゾーンに投げたら意味がないので、コースは真ん中でいいからきっちりベース奥に落とす!

こんな感じで自分なら攻めますね。

自分は投手として極めた訳ではないので、ピッチャーを極めた人が読んだら全然分かって無いな。と思うかもしれませんが、それはすいません。
やはり自分で死ぬほどやって、多くの経験を重ねて、一つの答えにたどり着いて、結果も充分残した人じゃないと発言する資格はないですからね。ましては人に教える事は無理です。

いくら勉強熱心で野球の本を沢山読んで語っても、実際極めた人の言葉と一言の重みが違いますからね。

阪神の下柳さんがバレンティンを俺ならこう攻めるね。っていう攻め方を雑誌に書いていたんですが、ピッチャーサイドはそこまで考えてるんやな!と関心したし、相当面白い内容でしたからね。

だから自分はピッチャーは教えません。

正確に言うと教えられないんです。

プロのピッチャーにも知り合いがいるからある程度、色々話しを聞くから知識はありますが、自分が極めてないと、過程じゃなく結果(形)を教えてしまうので結局伝わりませんからね。




田中将大の凄いところは球威、コントロールも去ることながら、あの集中力です!

田中はプレーボールしてからゲームセットまで失投はあっても、意図していないボールが一球も無いんですよ。

全ての球に明確な意図を持って投げている。ここが彼の付け入る隙が無かった理由でしょうね。

勿論、嶋との意思の疎通がしっかり出来ているからですけどね。

投げるのに必至で、キャッチャーのサインにただうなずいて、自分なりの意図もなくキャッチャーの意図も分かってないまま投げる投手。そりゃ打たれますよ。


一流の選手からすると結果より、いかに自分の意図した所に意図したボールが投げられるかが大事なんでしょうね。

三振を取ったのに首をかしげる投手。ホームランを打たれたのに苦笑いする投手。何となく理由は分かると思います。


では本題です。

田中将大の攻めは先ほど自分が言った攻め方です。

まず大前提に真っ直ぐであっても、変化球であっても、ストライクゾーンに甘く入って来たら一撃で仕留める!下を振って空振りしたり、下を擦ってバックネットにファールを打っているようではダメです。

バックネットにファールを打つと言う事は一応はタイミングも合っていて自分のスイングも出来ている結果が後ろにファールでは完全に実力負けですね。

並の投手だったファールを打ちながら微調整して行けばいいんだろうけど、田中レベルを打ちたいなら、仕留めそこなったらもうその球より甘い球はこないと思っておいた方がいいでしょうね。

一撃で仕留める!!これが出来ないレベルのバッターはまず田中を打つのは無理です。

でもまだ大丈夫!

空振りでカウントを取りに来るスプリット、空振りで三振を取りに来るフォークこれを絶対振らない事!

この球を振らない事で逆に田中を追い込んで行けばいいんです。

無論インコースも一つボールなら振る必要はないです。

インコースも手を出してくれない。

フォーク・スプリットも見逃される。

かといって力勝負のストレート、カウントを取りに行く変化球、共に甘く入ったら仕留められる。

そうやって打者がピッチャーを追い込んで行くんです。

そうなったら最後はアウトローしか頼みの綱は無いわけですから、待ってましたと打てばいいだけです。

強振する必要はありません。
その代わり、確実にライト前でいいんでヒットにする事です。

自分は球種にヤマを張るのはあまり好きじゃないんですが、(物理的に正解のスイングをすれば張らなくても対応出来ると思っているから)。コースにヤマを張るのはありだと思います。

勘違いしやすいのは、外にヤマを張った場合「踏み込んで行って打て!」と言う様な事を一度は聞いた事があると思いますが、そのアドバイスは何を意味しているか教えて欲しいです。

外のボール球を打てって事ならわかるんですけどね。

打席に立ってバットをベースの真上に出して見て下さい。

充分届きますよ!

むしろ体とボールの距離感を自ら変える必要は無いですね。

打ち損じしに行っている様なものです。

外ならポイントがややキャッチャーよりになるだけです。

ここの部分は勘違いして欲しくない所ですね。

踏み込んだから勇気あるとかそんな次元で野球をしていては上は見えてこないですからね。


余談になりましたが、そうやって一つ一つピッチャーの自信を持って投げれる所を潰して行くんです。

そしたら、次から自然にバッテリーが必要以上に考え出してくれます。

そして警戒するあまりフォアボールを出す様になります。

こうなった時、初めてバッターが格上に立てるんです。

口で言うのは簡単ですが、フォーク、スプリットを振らないと言うのは難しいでしょうね。プロ野球選手があれだけクルクル空振りするんですから。

何故あんなボール球を振ってしまうか?

単純に田中のストレートが速いからです。

正確に言うと、打者が田中のストレートは速い!と思ってしまってるからです。

ストレートが速いと脳にインプットされた次点で、自然とポイントを前に置いてしまい、自分も速く振らないと間に合わないと思ってしまうからストレートの軌道で来る落ちるボールにバットが止まらないんです。

150キロであっても130キロであってもスイングは同じ!

ポイントも同じ!

変えてはいけません。

自分のポイントまで引き付けて回るだけ!

ただそれだけなんです。


自分がこれが正確や!というスイングを身に付けてからは、投手の球のキレは感じても速さは感じた事無かったですからね。


頻繁にプロとの交流戦があって、中日の浅倉やネルソンと対戦した時もネルソンは150キロを超える球を投げて来ていましたが全然速いとも思わなかったですね。





速い投手、ランナーが出てクイックで投げて来る投手と対戦する時は、間に合わないので、足をあげる高さを半分ぐらいにしますけどね。

変えるのはそのぐらいですね。

決して自分から焦って攻めて行ってはダメです。
ピッチャーが攻めて来るのにこっちも攻めて衝突しにいったら10球に1球まぐれ当たりがあるくらいです。選球する事、変化球には対応出来ないですね。

150キロを160キロにしたら打てないですよ。

150キロの球をキャッチ出来るのにバットに当たらない人はそれだけ頭と軸が前に行ってるんですね。

150キロを150キロで見れば充分間に合いますからね!

またそう思って打席に立っておかないと思うがままにやられるだけです。

結論を言うと、やはり最後に己を救ってくれるのは正しいスキル(技術)です。

努力あるのみ

長々と失礼しました…

終わり

コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる