スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えて野球をする癖をつける

私がやるべき事は、正しい技術を叩き込む事です。

しかしそれとは別にもう1つ大事な事があると最近私は再確認しました。

それは選手達に自分自身の脳で考えて練習、野球をする癖をつけさせる事です。

私が指導をしたらその瞬間はとても良くなるんです。

でもそれは本当に自分のものになっている訳ではないんですね。

自分自身で考えて全てに意図をもって練習、プレーする事で、1つ1つに出来た出来ないという答え(結果)がでます。


そこで出来た時に、出来るまでのプロセスを自分自身で知る事が出来て、それが自分の引き出しになり、初めて自分のものになるんです。


私は塾生を体力的に死ぬほど追い込んだ事はありません。

理由は技術向上には必要ないと思うからです。

百歩譲って、子供の頃に限界のキャパを広げるのは必要な事かもしれないので、完全否定はしませんが、それは各チームの練習にお任せします(^-^)/

私も練習で何度も殺されかけましたからね(((^_^;)


それより私がやるべき事は、死ぬほど考えさせる事だと思います。

最近は意識的に教えるだけでなく質問責めにしています。

教えられるだけなら右から左に流れて行くものです。

これはしょうがない事です。

増しては子供ですからね。

しかし質問したら答えないと行けません。

答えが正解か間違いかは重要ではないんです。

間違えてたら教えればいいだけですからね。

それより答えを考える時間を作ってあげる事に意味があると思います。


プロの選手がスランプに陥って悩んで考えてまた悩んでと言う時に、「もー何も考えんで行け!」みたいな事はよく聞きますが、それと、技術がま未熟な子供達が何も考えずプレーするのは訳が違います。


人は誰もがする当たり前の行動「歩く」という行動ですら10人いれば10通りの歩き方があり、良い歩き方、悪い歩き方があります。

悪い歩き方の人は意識的に良い歩き方に修正しないといけません。

野球をするという事は、普段の生活でしない動きをします。

増しては、体以外のバットやグローブ、ボールを操作しないといけません。

それを無意識に何となくプレーしていて上手くなる訳がないんですよ。

私は塾生にいつも言う事は、「考えなしで100スイングするなら、考えて考えて真剣に1スイングする方がい良いよ」と言っています。

間違いないなく言える事は、考える力、考えてプレーする習慣がない選手は絶対に伸びる事はありません。

習慣が何かを変えるみたいな言葉がありますけど、何かを変えてくれるなら、

私は塾生にその習慣をつけさせる事に力を入れます。




コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。