スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足は速くなる

足が速い

これは野球選手にとって大きな武器になります。

打って走るにしろ守備を守るにしろ、俊足は有利であり、走力のある選手は何処に行っても重宝されます。


私達の時代は「足は遺伝」だと言われてきました。

足が速い選手は生まれつき速いから、皆に羨ましがられ、守備と打撃を磨けば3拍子揃った選手を目指す事が出来ました。

足の遅い選手は生まれつき遅いからしょうがない諦めるしかない…

そのかわりパワーをつけて打撃を磨いて打撃重視型の選手を目指しましょう。

的な風潮がありました。



しかし今私から言わせれば、「足は遺伝」それは全くもっての嘘だと思います。


「オリンピックで金メダルを取れる様な選手を育ててくれと」言われたら、

ボルトの様に生まれつき手足が長く、技術も完璧に伴っている選手が相手だと、ボルトと同じ技術で走っても体の差で勝つ事は厳しいかも知れません…

そんな時に「遺伝の差かな…」と言うならまだわかります。

しかし走る技術もままならない状態で遺伝のせいにするのは間違えです。



仮に今足が遅くても、諦める必要などありません。

全ての選手にイチローのような3拍子揃ったスピードスターになれる可能性はあります!

バッティングは技術を磨けば良くなる!

守備も練習を重ねて技術を磨けば上手くなる!

走力は遺伝です!

こんな馬鹿な事があるはずがありません。


走力もちゃんとした技術があり、それを磨けば必ず速くなります。


プラス走塁にもいくつも技術(裏技)がありますから、それを学べば、今足が遅く足を売りにする事を諦めている子供でも、面白いように盗塁も出来る様になります。


私は足の速い選手は「足が速いね!」ではなく「走りが上手いね!」という表現を使います。

足が速い選手は遺伝で生まれつき足が速いんではなく、使うべき筋肉を使うべき方向に使うべきタイミングで使えている。

ただそれだけです。

冷静に分析すれば何事にも理由はあります。

特別な人間なんていませんからね!

出来ているか出来ていないか、その違いでしかないんです。


昔何万回もやらされた「もも上げ」今思うと何の意味もない練習です。

ももが上がるのはある事を意識して走った結果ももが上がっているだけです。

「地面を蹴れ蹴れ」言われ、ハムストリングを無駄に鍛えさせられ、

結果ハムストリングを両足5回づつ肉離れしたら何の意味もありません…(私の事ですが)

今思うと地面を蹴る意識も間違いだし、ハムストリングという小さな筋肉を使う事も間違えでしたね…

ではどうやったら足は速くなるんでしょうか?

詳しい内容や考え方を今まで色々書いて来ましたが、これからは塾生達だけに教える事にします!

それが悟塾に来てくれている子供達の特権ですからね☆

打撃も守備もしないといけないから走塁は練習始めに毎回やっていますが、

1年前バットの往復ジャンプでバネがゼロという事が発覚して足が遅いキャラになってしまった生徒が

気付けば今では一番俊足の子とダッシュのタイムが同じぐらいまで速くなっていました。

嬉しかったですね。


「継続は力なり」間違いないです。


少し加えると「正しい努力の継続は力なり」ですかね。





コメント

非公開コメント

塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。