上手くなる為には時間がかかり努力練習が必要な具体的な理由

では今回は【連動運動回路】についてお話していきます。

連動運動回路とは一番簡単な例えをするとピアノを素人がひこうとすると右手と左手が同じ動きをしてしまいます。

ピアニストはこの連動運動回路の回線を一度切断し、配線しなおして素晴らしい演奏を可能にしています。

野球でも同じ事が言えて、下半身と上半身の連動というものがとても大事になって来ますが、これはほぼ100パーと言っていいですが最初に正解の連動を出せる選手はいません。

何故ならこの連動運動回路は基本連動と正反対と言っていいほどの対局にあるからです。

下半身がこう動く時に上半身はこう動くという明確な連動の正解が存在します。

なのでうちの生徒には一度連動運動回路を切断して、正しい連動運動回路を配線し直しています。

練習中に「こう動く時にこうしか動かん身体にしてしまえ!」まるでサイボーグを作るような言い方をよくしていますが、最高の理想は精密ロボットのようにいかなる状況下でも崩されず正しい同じ動きが出来る様になるのが理想と思ってるので、いかに人間の感情から来る力みであったり元々の運動回路であったりを殺せるかが人とは一線を画す存在になる最低条件でしょうね。

またうちの生徒をしても完全に身に付かないと試合で結果出す事は難しいです。

身につくまでに時間がかかり、毎日の継続した努力(練習)が必要なのはこの運動回路の話が関係してきます。

だから途中で忘れてまた違う事をすれば身につくまでに更なる時間を要します。

それで身につけられないまま野球を辞めて行く人間がほとんどです。

だから長く継続して1日でも多くまじめに塾に来て練習している子は確実に力がついて来ています。

裏切らない努力(練習)をさせるのは自分の絶対的使命ですから、塾にいる限りそこは安心しておもいっきり練習して伸びてもらいます。

それが身に付いたら更なる上のレベルの技術も教えてますけどね(^^)

連動運動回路について最も有効と言える練習法を取り入れて生徒達は格段に良くなったのでそれはまた次回書きますね。

続きを読む

プロになりたいなら動作回路を変えろ

一流選手になるにはという前にまず他の選手とは一線を画す特別な存在になりたいならやるべき事は沢山あります。

その中の一つに【動作回路を普通の選手とは違った回路に変える】もっと言うと【普通の人間とは違った回路に変える】作業が必要になります。
天才は思考回路が常人とは違うと言われますが、その運動版ですね。

この運動回路を変える作業こそが俗に言う【練習】と言います。

変えるべき運動回路は大きく分けて二つあります。

それは【反射運動回路】と【連動運動回路】です。

ではまずは【反射運動回路】の方を説明していきます。

人間誰しもが持っている反射神経、人間が無意識にとる動き、これは誰もがほぼ同じ動きをします。

例えば不意に人の顔にパンチをしてみてください。

ほとんどの人は目をつぶり顔を背け遠ざかって逃げようと反応します。

たまに反応鈍すぎる人いるから本当にやらないでくださいね(^^)

ただ唯一それとは違った動きをする職業の人達がいます。

そうですプロボクサーです。

プロボクサーにそんな事したら反射で下か横にかわされてカウンターパンチがアゴに寸止めされているでしょう。

何が言いたいかと言うとプロと呼ばれる人間は常人とは反射運動回路が違うんです。

動体視力がどうのこうのという差ではなく、そもそもの運動回路が違うんです。

野球、特にバッティングの部分にも同じ事が言えて常人の反射とは違った反応の仕方をする必要があるんです。

人間が元々兼ね備えている反応の動きが一流アスリートにとってはやってはいけない動きになるんです。

だから世の中の全ての人がスポーツがうまくはないし、プロという存在が成立するんですね。

人間の元々兼ね備えているスペックで事足りるなら全ての競技者が最初から上手いだろうし、練習の必要性が無くなりますからね。

同時にプロに対するリスペクトもなくなりますし、そもそもプロという存在が成立しなくなります。

その反射運動回路を何から何に変えるかは技術的な話になるのでここでは語れませんが、生徒達には嫌という程意識させてます。

元々の反射神経を変えるとなると大変な作業なので嫌という程言い続けて意識させないとすぐに戻ってしまいますからね。

そのおかげでうちの生徒達は完全に運動回路がプロの運動回路になって来ています。

長くなったので【連動運動回路】については次回説明しますね。

松井秀喜さん

昨日松井秀喜さんのニューヨークヤンキース1年目を追いかけたドキュメントを観ました。

松井さんは選手としても、私も憧れ、尊敬する選手の1人ですが松井さんの素晴らしいさはプレー以外のところにもある事とそれが最終的にプレーに繋がって来ているんだなと感じて、改めて松井さんの凄さを感じました。

松井さんはヤンキース1年目の最初の試合で、前の打者バーニーウィリアムズを歩かされ満塁で松井さん勝負という日本ではあり得ないメジャーの洗礼を受けています。

その打席松井さんは見事に満塁ホームランを放っています。

のちに日本人初となるワールドシリーズでMVPも獲得しています。

もちろん実力がある選手なのですが、私はどうしても実力以外の何かの力が松井選手の後押しをしていたという感じます。

松井選手は人の悪口を中学2年生から一回も言った事がないらしいです。

松井選手は入団会見の時ほとんどの選手が自身の個人的目標を語る中、「子供達に夢を与えるプレーが出来るように頑張って行きたい」と話していました。

そして松井選手を追いかけたライターの1番好きなシーンは松井選手は必ず1打席目の打席に入る時に笑顔で審判と相手のキャッチーに「お願いします」と挨拶する姿がだそうです。

ニューヨークの松井選手のファンで55のユニフォームを着ている子供達はほとんどがシャイでおとなしい子が多いらしいです。

引きこもりがちだった子が松井選手を観て球場に連れて行ってくれとお父さん、お母さんにお願いするらしいです。

子供達が松井選手になんらかのシンパシーを感じていたのかもしれません。

松井選手は5月に大スランプを迎えマスコミやメディアに叩かれた月がありました。

しかしトーリ監督はスランプの松井に対してマスコミやメディアに「彼は日本から来た誇り高き青年だ、必ず戻って来る」とスランプの松井選手を使い続けました。

トーリ監督は試合前にスランプで苦しむ松井選手を呼び「君はヤンキースに必要な存在だ。打てなくても守備やチームバッティングで貢献してくれている」と声をかけました。

日本そしてアメリカ、ニューヨークの計り知れない期待に応えないといけないという松井選手にのしかかるプレッシャーを少しでも楽にさせようとしたトーリ監督の配慮だったと思います。

そしてその期待に松井選手も応え6月から松井選手の快進撃が始まります。

松井選手にとってはトーリ監督という良きリーダーとの素晴らしい出会いがあったのだなと思うと同時に、トーリ監督との素晴らしい信頼関係を築けた松井選手の人間性がまた素晴らしかったのだと感じました。

そんな松井選手のひた向きにチームの為に全力を尽くす姿と人間性の部分が徐々にチームメイト、そしてニューヨークのファン達の間に浸透し、モズスティー(慎み深い)「努力と謙虚さを兼ね備えた慎み深いスーパースターと」ニューヨークヤンキースになくてはならない存在へとなっていきました。

ジャイアンツ、ニューヨークヤンキースとスーパースター球団との巡り合わせ、長嶋監督、トーリ監督との素晴らしい出会い、
松井選手の人の悪口を言わない、すなわち何事も人のせいにしない、自分自身と向き合い自分自身を追い込み、

そして大好きな白球を追いかけひた向きに努力してきた姿を見て松井選手には野球の女神🗽⚾️が微笑んでくれたんではないかと思います。

うちの生徒達には実力はもちろんの事、みんなに愛される選手になって欲しいというのが、私の願いです。

このドキュメントを見ながら気付いたら涙が出ていました。

自分も子供の頃にこのドキュメントを見ていたらまた違った未来があったのではないかと思いましたが、

今は野球の技術とは別に生徒達にもこういった事も伝えて行けたらな、と思わされたいいドキュメントでした(^^)









打撃を極めるには〇〇力を極めろ!!

バッティングを極めて行く上で、【極める力】を間違えていたら打撃を極める事はまず不可能です。

ではそもそもバッティングに必要な力(パワー)は何力を使うんでしょうか?

またその動力となる力(パワー)は何をどうして起こすのか?

これがわかった上で練習して極めていかない事には本当の意味でバッティングが良くなる事はありません。

では【何力】を使うのかの結論を言います。

それは《遠心力》です。

ほとんどの選手が腕力、ないしは背筋力で打撃をしている姿をよく見かけますが、最終的に必要な力は腕力でも脚力でも背筋力でも握力でもなく遠心力です。

その遠心力の動力を何をどうして起こすかは企業秘密ですが、
その起こした動力を100パーセント以上に加速させられる事こそが遠心力の可能性、遠心力を使うべき最大の理由です。

そこに腕力や他の力が入る事を一般的に力みと言います。

そしてその力みは加速を妨げると共に減速を引き起こす原因となります。

そもそも起こしの部分、遠心力生み出す動力の部分を知らない人がほとんどですが、その事実は想像以上に深刻で致命的な事です。

一番最初の初動が動くべきところ以外が少しでも動いた時点でアウトです。

動力、起こしの方法がわかればそれを更に最大限に加速させる次のステップの技術もあります。

それを極める事が出来れば、自分の力以上のパフォーマンスが間違い無く可能になります。

そこら辺の事を頭で理解した上で行う練習こそが真の意味での練習です。

その真の練習をさせる事が悟塾の仕事です。




2019年生徒達大飛躍の予感。



昨年の冬から技術をものにして成功するまでは野球にオフシーズンなんかないよ。

むしろ野球がうまくなるのはこの時期やから、明日開幕しても活躍できるように常に仕上げておくよう意識させて練習させていたので、年が明けて生徒達は開幕を今か今かと待ちわびて更にレベルアップに挑戦しているとてもいい状態です。

野球において一番難しいのはバッティングです。
悟塾では守備と走塁クラスも設けていますが、通常練習はほとんどをバッテイングの技術確立に時間をあてています。

言ってみればそれだけバッテイングの技術を極めるのは難しいんです。

反対に守備がうまくなるのは簡単です。

内野手は球際が全て!正解の捕球法さえ覚えたら、ノック、転がしを反復練習して覚えるだけ。

外野はスタートが全て!インパクトの合わせ方さえ覚えればあとはそれを打球補で磨くだけです。

外野手はノックではうまくなりませんよ。外野手にとって最も大事な時間はバッティング練習の際の打球補です。

この時間を球拾いの時間と捉えている選手をよく見ますが、それはもったいない事です。

極端な話外野手は打球捕さえしておけばノックなんて受ける必要はないんですよ。

しかしただ真剣に打球補をしても気持ちの持ちようだけでは意味がありません。

打球補の際の絶対条件はインパクトを合わせる事なんですが、インパクトの合わせ方は企業秘密です。

しかし打球補の正しい条件だけはお教えします。

打者がインパクトした時には既に走り出している事とそれでいてボールの落下地点のやや後ろまで曲線ではなく限りなく直線で行く事。

この条件を高確率で出し続けれる感覚を養う鍛錬をする。

だだそれだけです。

なので、内野手でいうと正解の捕球法、外野手でいうとインパクトの合わせ方を知らずにいくらノックを受けても、打球補をしても
守備が本当の意味で上達する事はありません。

悟塾では守備でも走塁でも打撃でもそう言ったやるべき事、磨くべき技術を提案しまた出来る様になるようあらゆるアプローチの方法で教授しています。

1番は生徒達に無駄な練習だけはさせたくない、無駄な時間を過ごさせたくない、無駄な遠回りをさせたくない。

この一心です。






塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる