スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振らない勇気

お久しぶりです。

今年の夏は特に暑いですね。

先日は3時間バッピしながら後半意識が飛びかけてました^_^;

福岡も九国が3連覇を決めましたね。


悟塾に来てくれていた子達が入学した高校もベスト4に2チーム残って甲子園出場出場まで決めたんで良かったです。


今後中心選手になって甲子園に行って欲しいですね。


さて話は変わりますが、今年の夏も何試合か試合を観たんですが、高校野球は選手というより監督の指導方針次第で良い方にも悪い方にもどっちにも転ぶなーという印象でした。


打撃にしろ守りにしろ走塁にしろ、何をどれだけ徹底させるかで、負け試合を勝ちにもって行く事も全然可能だと思いますね。


逆に勝ち試合でも徹底の甘さで大きく流れを変えてしまって相手に勝ちを与えてしまう事もあると思います。


守備、走塁はある程度徹底させる事は難しくないと思うししっかり練習から叩きこんでいる監督さんも少なくないと思いますが、打撃の徹底の仕方は難しんではないですかね。


反対方向に打てとか、フライを打ち上げるな、ゴロを打てとか、変化球を狙えとか、よく聞きますが、技術が未熟な高校生にとってこういう徹底のさせ方は裏目にでる事が多いと自分は思いますね。


ただ単に自分のバッティングが出来なくて悔いだけが残るというパターンが見えます。


もし仮に自分が監督ならこんな徹底のさせ方で全員をこんな考え方にさせます。


極端に言うと「ど真ん中のストレートのストライクを見逃す事を怖がるな」って言います。


普通はど真ん中のストレートのストライクを見逃したら怒られます。


ベンチからも「行けやー」って声がでます。


この空気こそが弱いチームの空気です。


ストライクを見逃す事が1番怒られる事だからバッターはストライクを見逃す事を1番嫌がります。


仮に三球空振りして三振したらしょうがない次いこー次という空気になり
三球とも見逃して三振したらくそみそに言われます。


自分からすればどっちもどっちですが、3スイングしてボールにあたらない方が心配になります。


では何故見逃す事を自分が怒らないと言っているかと言うと、ただ優しいってわけじゃなくて、結果見逃した事については怒らないだけでその原因はしっかり怒ります。


ちなみに先に言うと変化球を張らせていたからど真ん中のストレートを見逃しても怒らないって理由じゃないです。


そもそも高校のピッチャーレベルで金属バット握ってる時点で変化球を張る必要はないと思うからその理由ではないです。


基本はそのピッチャーの1番早いインハイをさばける準備からの変化球対応で充分です。


それぐらいの技術がなければ変化球張って変化球が仮に来てもミスショットするでしょうね。

では核心の部分を話します。

ど真ん中のストレートを見逃す原因となる事は悟塾用語で言うとワンセット崩れ、2の仕掛け遅れ、要は準備不足、もっと簡単に言うとタイミングが合ってないと言うことです。


タイミングが合ってない状態で仮に打ちにいったとしてもそれは自分のベストスイングではないので良い結果は出ません、せいぜいどん詰まりのポテンヒットです。


タイミングを外されて打ちにいって仮に芯を捉えたとしても不思議と野手の正面をつきます。


タイミングがバッチリあったけど打ち損じしてしまった時は逆に間を抜けてヒットになる時もあります。


野球はうまく出来ていて、不思議とそーなるんです。


それだけタイミングを合わすという事は大事と言う事です。


だから仮に怒るとするなら見逃した事を怒るのではなくタイミングを合わせきれなかった事を指摘します。


そしてタイミングが合わなかったら例えど真ん中でも打つなという事を徹底させます。


たまにファールフライを相手の野手が落としてくれるラッキーがあり、もう一回チャンスが貰えるケースがあるんですが、それと同じです!

タイミングを外された時点で高い確率で負け(凡打)が確定してしまいます。

仮にど真ん中でもです。

だからタイミングを外された時点で潔く見逃す事で、もう一度チャンスを貰えるいう事です。

本来なら初球から完璧にタイミングは合わさないと話しにならないんですけどね。

高校生見ているとタイミングの合わせかたを知らないいんやろうなって子がほとんどなんでね…

せめてたまたまでいいから合った時だけ打ちに行く事を徹底させたら、相手を助けるバッティングは少なくなり相手に自ら流れを与える事は無くなると思いました。


ボールぎみのたまに食らいつくなんてのは自分からしたら言語道断です。

たまに食らいついて行けーって聞きますけど、ボールを追いかけた時点で負け確定です。

何故こういう事を徹底させたいかと言うとたまたま見てた試合で、

ピッチャーアップアップの状態でボールが先行しているピッチャーとか代わりたてで制球が定まってないピッチャーに対して、打者有利のバッティングカウントからタイミングが合ってない状態で打ちに行って凡打して相手のピッチャーを助けて息を吹き返させるバッティングをしている子が多かったからです。


こんな事をしていたら勝ち試合も落とします。


自分は監督ではないので、チームに徹底させる事はありまはせんが、本気でプロに行きたいと思っているうちの子達には1打席として無駄な打席を作らないよいに徹底させる事はしていきます。

でわ(^.^)

スカウトコラム後編

前回のスカウトで、誰でもこの法則に従えば、バッティングが飛躍的に進化する!という物理の法則を発見した話をしました。


今回はその法則の名前と内容を特別にお教えします。
その法則の名前は「角運動量保存の法則」といいます。


その内容は、半径が小さくなる程回転が速くなり遠心力が強くなるというものです。


私がバッティングを教える際にイメージを出させる為にフィギュアスケートのジャンプの様に打てと言っているんですがまさにフィギュアスケートのジャンプはこの角運動量保存の法則を使っていると言われています。


バッティングにおいて、バットがボールに当たる以前の話で重要な事はヘッドが走る事です。


ヘッドを走らせたい!


という目的の為に手や腕の力を使い無理矢理にヘッドを走らに行ってはダメです。


何故ダメかというと、無理矢理に走らせに行っても人間の自力だけでは不可能だからです。


ヘッドを走らせたいのなら、腕力や背筋力に、頼るのではなく、回転力、回転のキレでバッティングをして行かないと行けません。


プラスアルファーその際にある部分を工夫する事で角運動量保存の法則が使えてヘッドが自然に走るという結果に行きつきます。


無理矢理にヘッドを走らせに行くのと、結果的にヘッドが走るのでは内容が全く違います。

この角運動量保存の法則を使い打撃に磨きをかけていきましょう。

スカウトの悟塾コラム前編




震災の影響で試合が中止になり、また私が登場する事になりました。震災があった次の日のプロ野球ご覧になりましたか?


編集長と私の自慢の後輩である吉村が同点ホームランとサヨナラホームランで試合を決めました。


オリックスでは更に下の後輩の嶋田が3ランでチームを勝利に導き、先輩の村田さんは決勝タイムリーを打ってヒーローになっていました。


地震のあとに東福岡勢がこんなに活躍してくれて、私自身も本当に感動しました。


一生懸命野球をする事は当たり前の事なんで特別取り立てて言う事ではありませんが、彼らの様に一生懸命野球をする事が震災にあった方々への励ましのエールになるという立場にいる事が素晴らしく幸せな事だなと私は思います。


震災にあった方々は正直野球どころではないでしょうけれど、彼ら野球選手の影響力は大きく彼らが呼びかける事で沢山の人の心を動かし、震災の方々へ間接的にですが少なからずいい影響を与えていると思います。


私も微力ながら地元のスーパーの水を買いあさって知り合いを通じて熊本に救援物資として届けさせて頂きましたが自分なんかはせいぜい出来てこの程度です。
自分の微力さに嘆いてもそれは時既に遅しです。


だから私の生徒達には彼らのような立場で野球を通じて色々な事に貢献できる選手または人間になっていって欲しいです。


話は変わりますが、つい先日自分自身の中では大変素晴らしい出会いがあったのでその事について話をします。


出会いと言っても人との出会いではなくある言葉(法則)との出会いです。


バッティングにまつわるある法則なんですが、
バッティングが良くなるレベルの話ではなく、
プロ野球でもジャパンの主力選手が共通して出来ている法則です!


超一流選手も無意識にこの法則を利用してバッティングをしていますが、まさかその法則に物理的名称があったとは誰も思ってないはずです。


この法則さえ出来るようになれば必ず世界が変わります。


プロ野球を目指してる人間なら相当聞きたいですよね?


では話していきますね。


私はこう見えて大学では化け学、化学を専攻していたので、物理学や力学とは無縁な人間です。


誰もが1度は聞いた事のある、テコの原理や慣性の法則やフレミングの法則と言う言葉を知っている程度の知識です。


正直力学と物理学の違いも分からないのですが、1つ言える事はあらゆるスポーツに通じて、力学、物理の法則に反した事をやっていては正解の技術にはたどり着けないという事です。


結論から言うと法則に反した事をしてはいくら練習しても良い選手にはなれないという事です。


物理の法則にしたがった動作で動いていく事こそが上達に必須な事で練習でやるべき事です。


だからと言って物理学や力学を1から勉強しなさいと言ってる訳ではありません。それは時間を無駄に消費するだけです。


現に一切勉強をしていない私が実技オンリーで正解の技術を見つける事が出来ましたからね。
相当な時間と労力を費やしましたけどね‥


強制はしませんがスポーツ力学なんかは勉強しといて、マイナスになる事はないと思うので可能であれば勉強したらいいと思いますね。


ではなんで私がこんな話をしたかと言うと冒頭で少し話ましたが、ある法則と出会ったからです。


その法則を理解し出来る様になれば必ずバッティングが良くなるという魔法のような法則です。

物理にそった事をやりなさい!

終わり

ではなんの話?

という事になります。

ちゃんとその着地点(答え)も用意してあります。


ここまでがスカウトに載っていた今の段階では中身0のコラムです(((^_^;)

後編へ続く

今シーズンは楽しみ

お久しぶりです。

最近忙しくてブログ更新できてなかったですね。
しかし肝心のスクールは熱気を帯びて皆頑張ってますよ!

悟塾では冬場をオフシーズンとせずに、シーズン中より気を引きしめて野球に取り組ませています。


伸びるのはこの時期だと私自身思うからです。
シーズンは冬場にやって来た事を試す場、発揮していく場だと私は思います。

シーズンに入って結果が出ずに焦ってやっても出遅れてしまいます。

野球人生を長い目でみればうまくなりたい、プロに行きたいと思ったタイミングで習っても全然遅くはないんですけどね。

今シーズン最高のスタートを切り最後まで活躍したいというなら冬場は大事だったという話です。

だから今年の冬場も例年同様、技術を高める事に全力で取り組ませました。

その結果、目に見えて本当に全員が一皮も二皮もむけてくれました。

本当にバッティングピッチャーしてても笑いが出てしまうぐらい良くなっています。


自分的にも手応えを感じていて、今シーズンは例年以上の良い報告が聞けそうで楽しみです!


そして早くも小学生数人からは特大のホームラン打ちましたなどの報告が続々と入って来ています!


そして先日、悟塾に5人来てくれている中学硬式チームがあるんですが、鹿児島で開催された九州大会で準優勝をして帰ってきました!!


決勝もタイブレークの末の惜敗でシーズン最初にしては良いスタートが切れたんではないかと思います!


そして嬉しかったのは生徒のお母さんがスタメンのスコアボードの写真を送ってくれたんですが、攻守においてうちの生徒達が主軸に名を連ねていました。


そして一人以前に二年生大会で全員が試合に出たのに自分だけ出れなくて悔しい思いをして、頑張りたいとうちに入塾した生徒がいるんですがその生徒も見事にスタメンに名を連ね活躍したとの事でした。


やっぱり悔しい、負けたくないと思って一心不乱に頑張った人間を勝たせてあげたいと思うから、自分は全力でそのサポートをします。


頑張ったのに結果がついてこない人は頑張り方を間違えているか頑張る方向性を間違えているだけです。


結果頑張ってないのと同じになってしまいます。


頑張った人間にはそれ相応の結果が出て欲しいと思います。


だからうちの生徒だけには絶対間違えた方向に行かないように、今シーズンもそこだけは妥協なく厳しく目を光らせるつもりです。


それが生徒達の為になるからです。


そこだけしっかり出来れば自ずと良い報告は聞けると思います☆


高校野球も塾OBが10校以上で頑張っています。


早いもので塾1期生達は今年が高校野球最後の年になります!


高校野球も含め楽しみです。


でわまた(^^)

宝物

年明けて早くも1ヶ月が経ちました。時が過ぎるのは早いですね。 遊んでる暇はないですね。

1日1日を大切に生きていかないと何も残りませんからね。

1月は雪の影響などでバタバタしましたが、生徒達は寒い中でも関係なく目の色を変えて頑張ってますよ。

プロ野球もキャンプインしましたし、いよいよ野球のシーズンが始まります!楽しみですね。

そんな中で感動的な出来事が起きたのでブログに残しておきます。

うちの6年生の生徒が学校の授業で、詳しい内容はわかりませんが、卒業を前に『出会いに感謝』を書くみたいな授業があったんでしょう。

そこに自分の名前を書いてくれてたんですよ。


その内容がまた今まで自分が言い続けて来た事をちゃんと書いてくれてるんですよ。

感動しましたね!

その生徒のお父さんがその用紙を写真で送ってくれて、『息子が学校でこんな事書いてます!本当に塾長に出会って良かったです!ありがとうございました』と言って頂きました。

自分にとってはその写真もその言葉も宝物です。


その用紙です(記載了解済み)




人柄のところで優しくて謙虚な人か優しくて元気な人かどっちか気になりますが、それもまた愛嬌があって素晴らしい宝物になりました。

話変わりますが、最近練習中にふと思った事があって、うちは現在東校も早良校も5.6年生が多いんですが、これが1つのチームだったら相当強いだろうなと思いました。

天才バッターが1人じゃなく何人もいるので、何処からでも点が取れそうで考えただけで楽しくなりました。

この子達と少しでも長く野球したいなと思う今日この頃でした。

この子達は将来プロの舞台でチームメイトになって活躍して欲しいですね。

今シーズンも気合い入れて頑張りましょう!

でわまた☆
塾長プロフィール

satorujuku

西村 悟(にしむら さとる、1983年6月8日)は、福岡県古賀市出身の元プロ野球選手(外野手)。血液型はA型。
阪神タイガースに所属する西村憲(投手)は実弟。憲が野球を始めたのは悟の影響であると述べている。

東福岡高時代は、2001年の春のセンバツでベスト8の結果を残す。その後、東海大学に進学。
大学卒業後、2006年に四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)の徳島インディゴソックスに入団。同年は、ベストナインに選出された。
2007年11月1日、福岡レッドワーブラーズと長崎セインツの新規参入による分配ドラフトで福岡への移籍が決定。12月1日付けで移籍した。
移籍1年目の2008年は、首位打者のタイトルを獲得し、ベストナインにも選出された。
2009年9月11日、愛媛マンダリンパイレーツに移籍。
2010年のシーズンは本塁打・打点の2冠を獲得した。シーズン終了後、自身の申し出により退団。

wikipediaより

悟塾公式ホームページ
http://satorujuku.jp

入塾申し込み・お問い合わせ
http://satorujuku.jp/contact

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。